エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.715

これで全てが分かる。GAMDIAS「TALOS P1」徹底解説

2019.01.31 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

フロントの意匠を受け継ぐトップパネル

トップパネルにも強化ガラスを採用。フロントパネル同様の台形カットデザインで、天板に増設できる冷却ファンの通気性が考慮されている。なおフロント同様、強化ガラスはABS樹脂製の枠に固定されており、シャーシからは枠ごと取り外す事ができる。

talos_06_1024x768
フロント同様、強化ガラスにはややブラウン掛かった色が付けられている
talos_23_1024x768 talos_24_1024x768
スチール製シャーシには左右各4本のピンで固定。シャーシ側天板には通気孔とマグネット固定式防塵フィルタが装着されていた

4mm厚強化ガラス製で観音開きの両サイドパネル

サイドパネルは、左右ともに4mm厚の強化ガラスを採用。フロントおよびトップ同様、ガラス表面はブラウンのスモークにより、輝度の高いLEDの発光を和らげる効果がある。なおシャーシには後方2つの蝶番で固定され、180°以上開き切る事ができる。

talos_13_1024x768
蝶番は後方2箇所の突起に、強化ガラス側のパイプを上からスライド固定。工具いらずで簡単に着脱ができる
talos_14_1024x768 2枚の強化ガラスは出荷時、シャーシからは取り外された状態で梱包。表面に保護シート、強化ガラスとの間にはクッションを挟む念の入れよう。組み込みが完了するまではこの状態で放置しておこう。なおガラスのサイズは実測で幅410mm、高さ480mmだった

リアパネルデザイン

次に本体背面に回り、リアパネルデザインをチェックする。最下部で大きくカットされたポジションは、電源ユニットの搭載スペース。その上には左手に横置きの拡張スロット、その右手には縦置きの拡張スロットが装備されている。つまりグラフィックスカードの垂直マウントができる事を意味する。上段は右手が冷却ファン増設スペースで、ハニカム状の通気孔仕様、その左手はマザーボードのバックパネルI/Oをはめ込むためにカットされている。
 リアパネルデザインで特筆すべき点こそ無いものの、通気孔から天板まで、ずいぶんとゆったりとスペースが割かれているように見える。

talos_15_1024x768

ボトムパネルデザイン

組み込みを行う前の身軽なうちに本体を逆さまにし、ボトム面を確認する。前方はコの字状、後方は独立したABS樹脂製の台座を備え、それぞれには滑り止めゴム(実測約25x76mm)を装着。電源ユニットがマウントされるリア面には、通気孔とスライド着脱式の防塵フィルタ(実測約125x162mm)が装備されていた。

talos_04_1024x768
talos_12_1024x768 talos_28_1024x768
台座はABS樹脂+滑り止めゴムで構成。設置面からは20mmの空間を設ける事ができる 電源ユニットをホコリから保護する防塵フィルタ。後方スライド式でメンテナンスができる
totop