エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.715

これで全てが分かる。GAMDIAS「TALOS P1」徹底解説

2019.01.31 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

GAMDIAS「TALOS P1」外観デザインチェック

ここからはパッケージより本体を取り出し、GAMDIAS「TALOS P1」の外観デザインからチェックを開始しよう。4面に強化ガラスを採用する魅せるPCケースの新モデルは、ライバル製品とどのような違いがあるのだろうか。

talos_53_1024x768

強化ガラスを斜めにカットしたフロントパネルデザイン

フロントパネルデザインで最も目を引くのは強化ガラスのカットだろう。通常長方形のガラスをはめ込むところ、「TALOS P1」では下底に向かって幅が狭くなる台形カットを採用。視覚的な効果のみならず、通気性を高めるアイデアが最大の特徴と言える。なおフロントパネルの枠部分はABS樹脂製で、シャーシからは着脱ができるようになっている。

talos_05_1024x768
防塵の観点ではマイナス印象ながら、他には無い意匠で個性をアピールするフロントパネルデザイン。ちなみに強化ガラスは取り外しができない
talos_16_1024x768
talos_18_1024x768 talos_17_1024x768
強化ガラスとABS樹脂製の枠は、左右各4本のピンでシャーシに固定。取り外し方法は下部を掴んでの”引き剥がし”だが、上部と下部にケーブルが接続されているため、断線しないように細心の注意が必要

移動できるスイッチ&アクセスポート

各種スイッチおよびアクセスポート類は、フロントパネル下部にレイアウトされている。配置されているのは、左からUSB3.0ポートx2、USB2.0ポートx2、ヘッドホンx1、マイクx1。さらに右端の正方形はPowerスイッチで、その左手上段がファンコントローラー(Speed Controller)、下段がファンLEDコントローラー(FanLED Control)が割り当てられている。

talos_39_1024x768
複数のアクセスポートやスイッチ類が装備されているだけに、なるほどフロントパネルに接続されるケーブル類はかなりの量になるワケだ

ちなみにスイッチ&アクセスポートはネジ留めされており、ユニットごと取り外しが可能。出荷時フロントトップ部に搭載されている”発光する「GAMDIAS」ロゴパネル”も同じく取り外し可能で、両者はポジションを入れ替える事ができる。「TALOS P1」本体を床に設置する場合、スイッチ&アクセスポートは上部にあった方が使い勝手が良さそうだ。ユーザーのスタイルに合わせて付け替えを検討すればいい。

talos_29_1024x768 talos_30_1024x768
talos_66_1024x768 スイッチ&アクセスポートとイエローに発光するロゴ入りパネルは同サイズ。互いを上下付け替えて運用できるよう、工夫されている
totop