エルミタ的「編集部で使ってみた」

既存環境でも効果あり。802.11ax対応無線LANルーターASUS「RT-AX88U」を試す

2019.01.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ルーター関連の設定がまとめられた「詳細設定」タブ

「詳細設定」タブには、無線LANのSSIDや認証方式、IPアドレス、ファームウェアのアップデートなど、ルーター関連の設定がまとめられている。とは言え、基本的には「初期設定」と「全般」タブの設定で正常に動作している場合は、これらの項目をいじる必要はない。障害が発生した場合や、動作に問題がある場合のみチェックすればいいだろう。よって今回は各画面の簡単な紹介にとどめておくことにする。

ax88u_401_1024x745 ax88u_402_1024x745
「ワイヤレス」画面では、「SSID」や認証方式、暗号化方式など無線LAN関連の設定がまとめられている 「LAN」画面では、IPアドレスやDHCP、ジャンボフレーム、リンクアグリゲーションなどの設定が可能
ax88u_403_1024x745 ax88u_404_1024x745
「WAN」画面では、インターネットへの接続設定のほか、ポートフォワーディングや仮想DMZなどを設定できる Amazon「Alexa」シリーズや「IFTTT」との連携ができる「Alexa & IFTTT」画面
ax88u_405_1024x745 ax88u_406_1024x745
「IPv6」ネットワークを利用する場合はこちらの画面から設定する 公衆回線上に仮想的なプライベートネットワークを構築する「VPN」にも対応
ax88u_407_1024x745 ax88u_408_1024x745
「ファイアウォール」画面では、ファイアウォールの他、各種フィルター機能を設定可能 動作モードやファームウェアのアップデート、システムの初期化などができる「管理」画面
ax88u_409_1024x745 ax88u_410_1024x745
各種ログが確認できる「システムログ」画面 「ネットワークツール」画面には、PingやNetstatなど、おなじみのネットワークツールや診断機能を搭載
totop