エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.710

これで全てが分かる。Cooler Master「MasterCase SL600M」徹底解説

2019.01.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ケーブルマネジメント機構

内部構造セッションの最後に、ケーブルマネジメント機構をチェックしよう。右サイドパネルを外し、マザーボードトレイ背面部をくまなく見ていくと、これまで解説してきた要所の位置関係が分かり、つくづく「MasterCase SL600M」がよく考えられたPCケースである事に気付く。

sl600m_28_1024x768
出荷時より多くのケーブルが裏配線スペースを行き交う。ただし主なケーブルは面ファスナーで整然とまとめられ、決して雑多な感じはしない。組み込み後もできる限りこの状態が保てるよう、丁寧に作業を進める事を心掛けよう
sl600m_29_1024x768 sl600m_30_1024x768
マザーボード縦のラインに沿って設けられた、グロメット付きのスルーホールは計3つを装備 CPU補助電源ケーブル等をターゲットに用意される、最上部のスルーホールは2つ
sl600m_119_1024x768 sl600m_120_1024x768
各種ヘッダが集中するマザーボード下に沿って設けられたポケット。ケーブルの露出を最小限に抑える事ができる 裏配線有効スペースは、CPUクーラーメンテナンスホール付近で実測約23mm程度。平均レベルはクリアしている

Cooler Master「MasterCase SL600M」付属品総点検

「MasterCase SL600M」の外装周り、および内部構造をくまなくチェックしたところで、付属品を総点検する。主に組み込みに必要なネジ類が同梱されたアクセサリーBOXは、Cooler Masterのロゴがあしらわれた黒箱を採用。両サイドにはストレージに見立てたネジ穴を備えている。これを多くのモデルでは専用トレイに固定して出荷されるところだが、ストレージ固定方法は全てネジ留め式であるため、そもそもトレイがない。そこで「MasterCase SL600M」では、ボディ緩衝材(発泡スチロール)の上部の窪みを利用し、アクセサリーBOXが装着されていた。

sl600m_58_1024x768 sl600m_54_1024x768
φ5*10 Screw(12) #6-32*29 Screw(8)
sl600m_53_1024x768 sl600m_55_1024x768
Stand-off Scoket(1) Stand-off(3)
sl600m_57_1024x768 sl600m_50_1024x768
#6-32*6 Screw(16) Cable Tie(10)
sl600m_52_1024x768 sl600m_56_1024x768
Cleaning Cloth(1) SSD Screw(24)
sl600m_59_1024x768 sl600m_51_1024x768
HDD Screw(16) USB Cable(1)
sl600m_60_1024x768 sl600m_61_1024x768
アクセサリーBOX ユーザーマニュアル
totop