エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.710

これで全てが分かる。Cooler Master「MasterCase SL600M」徹底解説

2019.01.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

フロントパネルデザインを受け継いだトップパネル

フロントパネルのデザインを継承した、トップパネルは、ABS樹脂製のベース部にアルミニウム製の枠、さらにアルミニウム製のカバーで構成されている。詳しく見ていくと、シルバー色のトップカバー内側にはピンが3本固定されており、メッシュ部の穴に差し込む事で固定。トップパネルのベース部となるメッシュ仕様のカバーは、フロントパネル同色のアルミニウム製の枠と一体化し、シャーシには背面1本のハンドスクリューと、左右各3つのツメで固定されていた。なおデザインはフロントパネルの意匠を継承。前面から伸びる左右の傾斜は、トップパネル後方まで続く。

sl600m_17_1024x768
トップパネルにはアルミニウム製のカバーを装着。ベース部の黒塗装部のメッシュが通気孔の役割を果たしている
sl600m_18_1024x768
フロントパネルデザインをそのまま継承し、左右の傾斜は後方まで続く
sl600m_19_1024x768 sl600m_20_1024x768
トップカバーは2ピース構造。固定に使用されているネジは僅か1本のみだ
sl600m_31_1024x768 sl600m_32_1024x768
取り外したトップカバー。ベースはABS樹脂製で、通気孔部分はメッシュ仕様。フロント中央にはPowerスイッチのプラスチックカバーが装着されていた

強化ガラスとスチール製のサイドパネル

サイドパネルは左側に4mm厚の強化ガラスを採用。内部構成パーツが目で楽しめる。脱落しないハンドスクリュー2個で固定される強化ガラス製サイドパネルは、実測で縦横460mmの正方形で、若干色が付いているように見えるが、ほぼ透明。コの字形のスチール製フレームに固定されている。一方マザーボードトレイ背面と対する右サイドパネルはスチール製の一般的なもので、同じく2個の脱落しないハンドスクリューで固定されていた。

sl600m_07_1024x768 sl600m_24_1024x768

拍子抜けするほどスマートなリアパネル

リアパネルにも見どころがある。といってもゴテゴテとした詰め込みとは真逆で、フロントパネル同様、実にアッサリとしているのだ。真っ先に気が付くのは、電源ユニットマウント用の開口部が無いこと。代わりに左下部には電源ケーブルを接続する3P ACインレットが装備される。つまり電源ユニットは内部の”どこか”にマウントし、リア面には一切露出しない設計である事が分かる。

sl600m_02_1024x768

さらにリアパネル面積の約2分の1を占める拡張スロットは、ハンドスクリューを外すだけでレイアウト変更が可能。画像は変更後のものだが、多くの人が違和感を感じるだろう。トップパネル後方部を除き、スチール製シャーシ面には通気孔や冷却ファン増設スペースは一切なく、拍子抜けするほどシンプルに仕上げられている。

ボトムパネルデザイン

構成パーツ搭載前でもかなり重量がある筐体だけに、ここは慎重に本体を逆さまにしてボトムパネルを点検しておこう。まず目に付くのは前後にネジ留めされた、アルミニウム製の台座。完成後のPC全重量を支える重要な部分と言えるだろう。設置面には25x40mmの滑り止めゴムが装着され、安定した設置を可能にする。さらにシャーシ面を見ると、ほぼ全面をカバーする防塵フィルタを装備。後方スライド着脱式で、メンテナンス性も考慮されている。

sl600m_09_1024x768
sl600m_11_1024x768 sl600m_12_1024x768
●mm厚のアルミニウム製台座は前後にネジ固定。実用だけでなくデザイン性も重視し、山が2つ並んだような曲げ加工が施されている
sl600m_10_1024x768 sl600m_21_1024x768
スライド着脱式防塵フィルタは幅190x長さ390mmのロングタイプ 防塵フィルタの中央に蝶番を設け、設置部の背面スペースに余裕がない場合でも引き出せるように工夫されている
totop