エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.709

14TBに達したNAS向けHDD、東芝「MN07ACA14T」のパフォーマンスを計測

2019.01.05 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「MN07ACA14T」単体とNAS搭載時のパフォーマンスを計測

ここからはPCやNASに搭載して「MN07ACA14T」のパフォーマンスを見ていこう。単体性能を計測するPCの主要構成は、CPUがAMD Ryzen 7 2700X、マザーボードがASUS「ROG CROSSHAIR VII HERO(WI-FI)」で、2ベイNASのQNAP「TS-251B」を使用している。

MN07ACA14_02_test_600x170
MN07ACA14_18
PCIe拡張スロットを備えるQNAPの2ベイNAS「TS-251B」。実勢売価は35,000円前後
MN07ACA14_19
「CrystalDiskInfo 7.8.3」の結果

ベンチマークテスト:CrystalDiskMark 6.0.2

手始めはPCに接続した際の単体性能を「CrystalDiskMark 6.0.2」で計測していこう。計測はテストデータ1GiB、4GiB、8GiB、16GiB、32GiBで行っている。

MN07ACA14_20 MN07ACA14_21
「CrystalDiskMark 6.0.2」のテストデータ1GiB テストデータ2GiB
MN07ACA14_22 MN07ACA14_23
テストデータ4GiB テストデータ8GiB
MN07ACA14_24 MN07ACA14_25
テストデータ16GiB テストデータ32GiB

シーケンシャルリード・ライトは、最新モデルだけあって、テストデータ容量に関係なく260MB/sec台を発揮。逆にランダムパフォーマンスは、それなりで1~2MB/sec台となっている。

ベンチマークテスト:HD Tune Pro 5.70

続いては「HD Tune Pro 5.70」の「Benchmark」を実行。最外周と内周部のパフォーマンスを計測している。

MN07ACA14_26
「HD Tune Pro 5.70」の「Benchmark」のリード
MN07ACA14_27
「HD Tune Pro 5.70」の「Benchmark」のライト

最外周から内周の全領域のパフォーマンスを見られる「Benchmark」。「MN07ACA14」の最外周部はCrystalDiskMarkの結果と同じく、リード・ライトともに260MB/sec台となっている。また、HDD性能のポイントとなる最も遅い最内周部のスコアも優秀で、リード113.8MB/sec、ライト116.2MB/secを発揮している。

totop