エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.703

QLC NANDフラッシュを採用するCrucial初のNVMe M.2 SSD「P1」シリーズ

2018.12.20 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
今回の撮って出しレビューで取り上げるのは、Micron Technology(本社:アメリカ アイダホ州)が展開するコンシューマ向けブランド、Crucial初のNVMe M.2 SSD「P1」シリーズだ。1つのメモリセルに4bitのデータを記録する、QLCタイプの3D NANDを採用することで、NVMe SSDでは最安クラスの低価格を実現したコスト重視モデル。今回は、国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)より、現在発売中の500GBと1TBモデルの実機を借り受け、詳細検証を進めていく。
p1_901_1024x768
Crucial「P1」シリーズ(発売中) 製品情報(Crucial
CT500P1SSD8(500GB) オープンプライス(2018年10月27日発売)
CT1000P1SSD8(1TB) オープンプライス(2018年10月27日発売)

3D QLC NAND採用のエントリーNVMe M.2 SSD「P1」シリーズ

Crucialブランド初のNVMe M.2 SSDとして、今年10月にデビューした「P1」シリーズ。バリューセグメントに位置づけられる、クライアント向けPCI-Express接続SSDのエントリーモデルで、現在主流のTLCタイプではなく、QLCタイプの3D NANDフラッシュを採用しているのが最大の特徴だ。

P1_002_slide_860x609
今年10月に行われた「メディア向け製品発表会」のスライドによれば、「P1」シリーズの上位に位置づけられるパフォーマンスセグメントの製品は未だ空白のママ

QLC NANDフラッシュでは、1つのセルに4bit(16通り)のデータを保存できるため、3bit(8通り)のTLC NANDフラッシュに比べてセルあたりの容量は1.33倍に向上。これにより大容量・低価格化が実現できるようになった。その一方で、データのアクセス処理はより複雑化し、転送速度が低下。さらに書き換えサイクル数も大幅に減っており、耐久性が低下するというデメリットもある。

Crucialでは、これらの問題に対応するため、コントローラメーカーと協力して作り上げたという「最適化ファームウェア」や、動的/静的の2種類のSLCキャッシュを組み合わせた「Hybrid Dynamic Write Acceleration」などの独自機能を搭載。またMicron純正の高品質64層3D QLC NANDの採用や、厳しい品質テストを実施することで、担当者曰く「TLC NANDモデルとほとんど変わらない運用ができるようになった」という。

p1_910_1024x768
高品質なMicron製64層3D QLC NANDと、ファームウェアの最適化等によって、TLC NANDフラッシュモデルと変わらない運用が可能

原稿執筆時点で発売されているのは、500GBと1TBの2モデルで、より大容量な2TBモデルも準備中。コントローラはNVMe 1.3/4chアクセスに対応するSilicon Motion「SMI2263」で、キャッシュ用のDRAMも標準装備する。なお公称転送速度は500GBモデルがシーケンシャル読込1,900MB/sec、書込950MB/sec、ランダム読込90,000 IOPS、書込220,000IOPS。1TBモデルはそれぞれ2,000MB/sec、1,700MB/sec、170,000 IOPS、240,000 IOPSに設定されており、TLC NANDフラッシュを採用する、NVMe SSDのミドルレンジモデルに匹敵するパフォーマンスを発揮する。

また書込耐性は500GBモデルが100TBW(DWPD:54GB)、1TBモデルが200TBW(DWPD:109GB)とされ、こちらもエントリー向けSSDとしては十分。先日詳細検証を行ったTLC NANDフラッシュモデル「BX500」シリーズとの差も20%にとどまり、NANDフラッシュの変更による影響は、公称値を見る限り最小限に抑えられていると言っていいだろう。

p1_001_spec_600x363
初出時TLC NANDフラッシュからの容量向上を2倍としていましたが、実際には1.33倍でした。謹んで訂正させて頂きます。(2018年12月20日17:15)
totop