エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.702

これで全てが分かる。Antec「P101 Silent」徹底解説

2018.12.08 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
日本市場でも依然人気が高い自作PCメーカーAntec(本社:アメリカ カリフォルニア州)。その最新作は、数多くの名機を輩出するPerformanceシリーズに属する「P101 Silent」だ。Antec伝統の静音路線を行くミドルタワーPCケースは、従来モデルの良い所を継承しつつも、イマドキの設計に仕上げられている。派手な仕掛けは一切排除した、正統派の飾らないPCケースに注目してみたい。

頑固なまでに正統派のミドルタワー誕生

今回取り上げる「P101 Silent」は、Antecが日本市場に投入する今年最後のミドルタワーPCケースになる(であろう)。熱心な読者ならお気づきかもしれない。実はこのモデル、今年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2018」のブースレポートで既に公開済みであり、華々しくも本邦初公開というワケではない。

p101s_1024x768
Antec「P101 Silent」 市場想定売価税込12,980円(2018年12月22日発売)
製品情報(Antec)(株式会社リンクスインターナショナル

当時は完成版に近いプロトタイプで「P100 EVO」と仮の名前が付けられていた。既出のエピソードを振り返ると、「P100 EVO」なるモデルは、2014年デビューの名機「P100」の後継として準備が進められてきた。しかし「P100」の根強い人気から、各国の販売店よりバリエーションモデル程度のマイナーチェンジに留めて欲しいというリクエストが多く聞かれたという。

p100evo_1024x768a

あのプロトタイプから約5ヶ月。新たに「P101 Silent」と命名され、名機「P100」の面影をどこかに感じさせながら、イマドキのミドルタワーPCケースが完成した。

スペック表に見るAntec「P101 Silent」

Antec国内正規代理店である、株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より届けられた実機に触れる前に、スペック表から「P101 Silent」の概要を掴んでおこう。

「P100」の後継モデルとあって、両者を外観サイズで比較すると、「P101 Silent」は幅232mm、奥行き527mm、高さ506mmとされ、「P100」よりも幅+12mm、奥行き+2mm、高さ+26mmと、僅かながらもそれぞれ数値は上回っている。特筆すべきは重量で、「P100」の7.3kgに対し、「P101 Silent」は11.82kgとなり、4.52kgほど重い。外形寸法の違いからはややかけ離れた数値から、内部設計に違いがある事を想像させる。

p101s_52_1024x768a

なお外装パッケージサイズは幅305mm、奥行き580mm、高さ605mmで、付属品および梱包材を含めた総重量は13.24kg。店頭持ち帰り希望なら、カートの用意があるといいだろう。

p101s_spec_600x331b
totop