エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.701

“ほぼ自作”感覚で理想の小型ゲーミングマシン完成、サイコム「G-Master Spear Z390-Mini II」

2018.12.04 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Core i7-9700K×GeForce RTX 2080 Tiのハイパフォーマンスを堪能

Z390-MiniII_02_1024x768

ここからは実際に「G-Master Spear Z390-Mini II」を動作させ、各種ベンチマークテストでそのパフォーマンスを確かめていこう。はたしてCore i7-9700KとGeForce RTX 2080 Tiを搭載するスタイリッシュマシンは、どれほどのパフォーマンスを見せてくれるだろうか。特にグラフィックスは標準のGeForce GTX 1060から大幅に強化されており、文字通り最高クラスの性能発揮が期待できそうだ。

Spear_Z390-Mini2_08_403x402 CPUは“Coffee Lake-S Refresh”世代の上位モデルCore i7-9700Kを搭載。8コア8スレッド対応で、動作クロックは最大4.9GHzまで上昇する
Spear_Z390-Mini2_09_403x402 Spear_Z390-Mini2_10_403x402
マザーボードはIntel Z390搭載のASUS「TUF Z390M-PRO GAMING」。メモリはカスタマイズオプションで組み込んだ、DDR4-2666MHz動作の「Ballistix Sport LT」シリーズ16GBキットだ
Spear_Z390-Mini2_11_390x516 Spear_Z390-Mini2_12_390x516
グラフィックスカードは、GeForce RTX 2080 Ti搭載のOCモデルASUS「DUAL-RTX2080TI-O11G」。高負荷時は最大1,890MHzまでクロックが上昇していた
Spear_Z390-Mini2_13_781x683
主要スペックをデバイスマネージャーでも確認する。8コア8スレッドのCore i7-9700K、グラフィックスカードのGeForce RTX 2080 Tiがしっかり認識されていた
Spear_Z390-Mini2_14_800x624
基本構成の「TUF Z390M-PRO GAMING」は、ASUSのライティング技術「Aura Sync」に対応している
Z390-MiniII_24_1024x768 Z390-MiniII_10_1024x768
評価機にはBTOオプションで選択できるRGB LEDストリップが装着済み。光でドレスアップした内部が美しく映える
Z390-MiniII_04_1024x768
マザーボード側の発行箇所は限定的だが、やはりシステム全体で同期させたライティングは雰囲気が盛り上がる。サイドの強化ガラス越しに、整った内部を幻想的に照らし出してくれる
totop