エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.700

速く、そして美しいDDR4メモリ、ESSENCORE「KLEVV CRAS X RGB」

2018.11.30 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

第2世代Ryzenプラットフォームによる動作検証

KLEVV_CRASX_913_1024x768
第2世代Ryzenの環境でも同様のテストを実施。メモリクロックによってどの程度差が出るのだろうか

続いて第2世代RyzenシリーズのミドルレンジRyzen 5 2600をベースにしたシステムでも検証を進めていこう。マザーボードはAMD X370チップを搭載するASRock「Fatal1ty X370 Gaming K4」で、こちらも動作クロックは、3,200MHzの他、2,666MHzでも計測を実施した。

KLEVV_CRASX_102_testspec_600x221
KLEVV_CRASX_201_1024x576
ASRock「Fatal1ty X370 Gaming K4」でも、XMP2.0のプロファイルを選択するだけで3,200MHz駆動が可能だった
KLEVV_CRASX_202_603x602 KLEVV_CRASX_203_603x602
第2世代Ryzenシリーズの環境でも2,666MHzと3,200MHzの2種類のクロックで検証を実施
totop