エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.697

サーバーグレードの信頼性を凝縮したMini-ITXマザー、SuperO「C9Z390-CG-IW」を試す

2018.11.16 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Core i9-9900Kとタッグで使いたい、サーバー譲りの信頼性をもつMini-ITXマザー

“サーバー屋”であるSupermicroがゲーミングブランドのSuperOを引っさげ、日本のコンシューマ市場に本格参入してそろそろ2年になる。厳しすぎる品質検査や信頼性へのこだわりから、非常にゆっくりした製品投入のスパンが関係者の悩みのタネでもあった。そう考えると今回のIntel Z390マザーボードの投入はタイムラグがほとんどなく、異例のスピード投入と言える。それだけに最新世代「C9Z390」シリーズの完成度には、自信があるということなのだろう。

C9Z390-CGIW_26_1024x768

そのラインナップでスモールフォームファクタ向けを担当する「C9Z390-CG-IW」は、評価が高かった前世代の「C7Z370-CG-IW」から、より一層の発展を遂げていた。Intel最強のコンシューマ向けCPUであるCore i9-9900Kの登場を見据え、自慢の電源回路をさらに増強。“最短配線”で電力のロスを抑えつつ独自の設計で電力効率を高め、Mini-ITXながらTDP120Wをカバーする余裕も持たせる。何より信頼性を重視するユーザーにとっては、いずれも魅力的な要素だ。

そして小さいながらに多機能という、最新のコンパクトマザーに求められる条件もしっかりカバー。Intel Z390チップの恩恵であるCNVi対応の無線LANやUSB3.1 Gen.2に代表される多彩なインターフェイス、デュアルM.2に装甲スロット、RGBイルミネーションと、まさに全部入りで揃える。Core i9-9900Kのような強力なCPUをベースにド安定の小型マシンを組む、その際の有力候補に挙がるのは間違いない。

協力:Supermicro Computer, Inc.
株式会社アスク

totop