インタビュー Vol.36

そこはまさかの田園地帯。老舗BTOメーカー・ストームの製造現場に行ってきた

2018.10.16 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
今年で創立20周年を迎えた株式会社アイティーシー(本社:東京都千代田区)。各種自作PCパーツの代理店をはじめ、カスタムPCブランドの「ストームシステムテクノロジー」を展開することでも知られている。そんなアイティーシーの本社こそ都内のど真ん中にあるものの、BTOパソコンの組み立て工場は茨城県龍ヶ崎市にあるという。さていったいどんな所なのだろう。興味津々、潜入取材を試みた。
itc_201809_1024x768_01

見渡す限りの田園地帯。そこにたたずむPC組み立て工場

取材班が向かったのは、JR上野駅から常磐線に揺られること約50分の佐貫駅。待ち構えていたのは、今回の取材の案内役、株式会社アイティーシーでプロダクトマーケティングマネージャーを務めるワン氏。そこから用意された車に乗り込み、国道からわき道に入ると、あぜみちをしばらく走る。所要時間は約30分といった距離だ。

itc_201809_1024x768_02 itc_201809_1024x768_03
茨城県龍ケ崎市にあるJR佐貫駅。JR秋葉原駅からは上野駅乗り換えで約70分。ローカルな関東鉄道の竜ヶ崎線が乗り入れる接続駅でもある

「あそこです」と示された方向には、周囲をぐるりと田んぼに囲まれた中にたたずむ倉庫と事務所が見える。到着したはBTOパソコンが組み立てられている竜ケ崎工場(住所:茨城県竜ケ崎市佐沼町150)である。

itc_201809_1024x768_04
もとは精米工場だったという場所を大幅に改修。ここがアイティーシーの倉庫兼ストームBTOパソコンの工場だ

取材当日はあいにくの小雨模様だったが、車から降りると思わず伸びをしてしまいたくなる、のどかな田園風景が広がっている。どこか懐かしいこの場所で、最新パーツを詰め込んだPCが製造されているというわけだ。

itc_201809_1024x768_05 itc_201809_1024x768_06
周囲を囲む田園。訪れたのは9月下旬。黄金色の稲穂が垂れた刈り入れ前の田んぼがどこまでも広がっていた
totop