エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.686

これで全てが分かる。Thermaltake「Level 20 VT」徹底解説

2018.09.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Thermaltake「Level 20 VT」内部構造チェック

「Level 20 VT」の外装周りをチェックしたところで、次に内部構造を見ていこう。そもそも4mm厚の強化ガラスで覆われたPCケースとあって、サイドパネルを開かずとも内部の様子は窺うことができる。とは言え、モデル特有の設計を複数詰め込んだPCケースだけに、すみずみを余すところなく解説していこう。

20vt_18_1024x768

二層構造の2階部分にあるマザーボードトレイ

「Level 20 VT」の内部設計には二層構造が採用されている。MicroATX規格のCube型PCケースとしては大型だが、限られた容積を無駄なく使い切るためには、空間を無駄にしない二層構造「チャンバーデザイン」が最適という考えだ。一般的なミドルタワーPCケースとは異なる構造は興味深い。そのひとつがマザーボードトレイだ。
 PCのベースとなる基幹部品は、二層構造の2階部分に搭載され、底面を大きく切り取った箇所がマウントスペースに割り当てられている。ここには予め台座となる加工が施され、トレイ部に直接ネジ留めを行う。

20vt_20_1024x768
マザーボードは床面に対し水平マウントを採用。よってバックパネルI/Oは必然的に横長スタイル、拡張スロットは垂直マウントになる

フロントには200mm口径ファンを標準装備

次に冷却構造をチェックしよう。まず目を引くのは、フロントパネル内部に標準で装備される、大口径200mmファンだ。30mm厚の標準装備品は、フロントパネルに装着される強化ガラスの両側部に設けられた吸気孔から外気を取り込み、内部にフレッシュな空気を送り続ける重要な役割を果たす。なお回転数は800rpmで、騒音値は13dBA。実際に動作させてみると、十分に静音性も確保されている事が分かった。
 なおこの部分には120mm口径ファン2基、または140mm口径ファン2基に換装が可能。最大240mmサイズのラジエターが搭載できるようにスリットタイプのネジ穴が装備されている。

20vt_21_1024x768
20vt_44_1024x768 大口径200mmファンのインペラ数は11枚。緩やかに回転し、大きな風量を得る事ができる

この形状ならではのトップファン増設スペース

トップファンの増設スペースが、なかなか良くできている。4mm厚強化ガラスを取り外すと、天板部分には4本の板が装着されている。これは「ファン&ラジエターブラケット」と名付けられた金属製のパーツで、フロント方向はスリットに挿し込み、リア方向はワンタッチで取り外しができる着脱機構を備えた。

20vt_17_1024x768
出荷時よりトップ部に装着済みの「ファン&ラジエターブラケット」は計4本

ブラケットには複数の穴が設けられており、120mm口径ファンを4基、または140mmと120mm口径ファンを混在して各2基が増設できるようになっている。さらにラジエターは240mmサイズまたは280mmサイズをサポート。幅の広さを最大限に活用し、ミドルタワーPCケースでは不可能な、広い冷却ファン増設スペースが用意されている。

20vt_24_1024x768 20vt_32_1024x768
「ファン&ラジエターブラケット」の固定にはネジを使用しないツールフリーを採用。Rなら左手、Lなら右手にある幅の狭いプレートを引き上げるとツメがリリースされる仕組み。逆方向の末端はシャーシに設けられたスリットに挿すだけで、簡単に着脱ができる
totop