エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.681

GIGABYTEのこだわりを凝縮した至高のB450マザー「B450 AORUS PRO WIFI」

2018.08.29 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
第2世代Ryzenと同時に登場したAMD X470から遅れること約3ヶ月、7月31日にようやく解禁されたAMD B450チップセット。普及価格帯を担うミドルレンジチップセットということもあり、解禁日当日から20種類近いマザーボードが店頭に並ぶことになった。今回はその中からGIGABYTE Technology(本社:台湾)「B450 AORUS PRO WIFI」をチョイス。AMD B450搭載モデルでは珍しい、高級志向のゲーミングマザーボード、その実力を早速検証していこう。
b450ap_03_1024x768
GIGABYTE「B450 AORUS PRO WIFI」市場想定売価税込16,000円前後(発売中)
製品情報(GIGABYTE

AMD B450チップを採用する高級志向のゲーミングマザーボード

今回取り上げるのは、7月31日に解禁されたRyzen対応新ミドルレンジチップAMD B450を採用するゲーミングマザーボード「B450 AORUS PRO WIFI」だ。GIGABYTEが展開する「AORUS」シリーズに属するATXマザーボードで、ネットワーク機能はAMD B450チップモデルでは珍しいIntelチップのギガビット有線LANに加えて、IEEE 802.11ac + Bluetooth 4.2のワイヤレスカードを標準装備する。

b450ap_08_1024x768 b450ap_18_1024x768
第2世代Ryzenシリーズに最適化したという「ハイブリッド・デジタル電源フェーズ設計」の電源回路を搭載

またRealtekの最新IC「ALC1220-VB」と音響スタジオグレードのコンデンサによる高品位オーディオ回路や、消費電力が増加した第2世代Ryzenに最適化したという「ハイブリッド・デジタル電源フェーズ設計」、アドレサブルデジタルLEDやRGBW/UV LEDテープにも対応するライティング機能「RGB Fusion」など、AMD X470チップ採用のハイエンドゲーミングモデル顔負けの充実した機能を備えている。

b450ap_01_1024x768
ひと目でそれと分かる“AORUSイーグル”がデザインされたパッケージ。サイズは実測340×280×80mmとマザーボードとしては標準的

そのほか、マザーボードにあらかじめ搭載された「一体型 I/O バックパネル」、重量級グラフィックスカードを安全に支える「Ultra Durable PCIe Armor」、M.2 NVMe SSDのサーマルスロットリングを防ぐ「M.2 Thermal Guard」、PWM/電圧両対応の高性能ファンコントロール機能「Smart Fan 5」など、GIGABYTEの最新機能をもれなくカバー。

b450ap_02_1024x768
搭載機能やインターフェイスについての解説が記載されたパッケージ裏面。その情報量の多さからも「B450 AORUS PRO WIFI」の多機能ぶりが分かる

さらにRAID対応の2基のM.2スロットや計6ポートのSATA3.0(6Gbps)、帯域幅10GbpsのUSB3.1 Gen2対応Type-A/Type-Cポートなど、ストレージインターフェイス周りも一切妥協のない仕上がりだ。

b450ap__001_spec_600x421
totop