エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.673

これで全てが分かる。BitFenix「Nova TG」徹底解説

2018.07.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
国内市場でもファンの多いBitFenix(本社:台湾)。今回は同社のミドルタワーPCケース「Nova TG」シリーズを取り上げる。昨年より販売が開始されたスタンダードモデルは、エントリークラスながらストレージ収納力が高く、ドレスアップも楽しめる。税込8,000円以下とコストパフォーマンスにも優れた国内代理店CFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)担当者イチオシの「Nova TG」を早速ご紹介しよう。

クラシック「Nova」が進化した上位モデル「Nova TG」

改めて確認しておくと、2010年に設立されたBitFenixは、これまで多くのPCケースをはじめ、アクセサリや周辺機器を市場に投入。近頃ではRGB LEDを積極的に取り入れ、エルミタでも3月にミドルタワーPCケース「ENSO」の検証を行っている。ASUS「Aura Sync」の対応を全面に押し出したAddressable RGB LED採用の鮮やかなイルミネーション機能を最大の特徴とし、PCを彩るパーツ類のラインナップから、BitFenixの明確なコンセプトを読み解いた。

今回取り上げる「Nova TG」シリーズは、「ENSO」よりも下位に位置付けられた、税込8,000円で購入できるミドルタワーPCケース。昨年11月から新たにBitFenixの国内代理店に就いた”CFD販売株式会社取り扱い第1弾ラインナップ”に加えられた、エントリークラスのATX対応モデルだ。

novatg_01_1024x768
BitFenix「Nova TG Black」(型番:BFX-NTG-100-KKWSK-RP)
実勢価格税込8,000円前後(2018年7月現在/2017年11月発売)
製品情報(BitFenix)(CFD販売株式会社

ちなみに「Nova TG」には兄弟モデル「Nova Extreme」が存在する。違いは左サイドパネルで、「Nova TG」は強化ガラス製サイドパネル(TG=Tempered Glass)、「Nova Extreme」はアクリル製サイドウインドウとし、差別化が図られている。

novatg_02_1024x768 BitFenix「Nova TG White」(型番:BFX-NTG-100-WWWKK-RP)
市場想定売価税込8,000円前後(2017年11月発売)
製品情報(BitFenix)(CFD販売株式会社

「Nova TG」はブラックとホワイトの2色がラインナップ。今回の検証ではブラックモデルをチョイスし、内外装の詳細解説から、組み込み実践までをお届けしよう。

スペック表に見るBitFenix「Nova TG」

実機に触れる前に、「Nova TG」の概要を確認しておこう。対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXで、ミドルタワーPCケースにカテゴライズされる。外形寸法は幅が201mmと近頃のPCケースとしてはスリムな部類。その他、奥行き465mm、高さ437mmで、いずれも500mmを超えない中型サイズに収められている。なお重量は5.3kgだ。

ドライブベイや冷却ファンの各レイアウトは、検証を進める内に紹介するが、シンプルなスペック表から、奇をてらわないオーソドックスな製品である事が想像できる。さて実際どのような性格の持ち主なのだろうか。パッケージから本体を取り出し、外観スタイルからチェックを開始しよう。

novatg_25_1024x768
novatg_spec_600x241
totop