エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.669

ENERMAX「LIQFUSION」に見る、ここまで来たオールインワン型水冷ユニット

2018.07.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Ryzen環境での冷却性能をチェック

Coffee Lake環境での検証が終わったところで、続いてRyzen環境でも冷却性能をチェックしていこう。CPUは初代Ryzenの最上位モデルRyzen 7 1800X(8コア/16スレッド/定格3.60GHz/TC時4.00GHz/キャッシュ20MB/TDP95W)を、マザーボードにはAMD X370チップモデルを用意し、コア電圧を1.44375V、コアクロック4.00GHzにオーバークロックした状態でも検証を行った。なおテスト環境の詳細については以下の「テスト機材構成表」を参照いただきたい。

Liqfusion_201_testspec_600x261
Liqfusion_401_1024x768
Ryzen環境はプリセットがなかったため、手動でのオーバークロックを実施。電圧はあえて安全圏内の最高値である1.44375Vに設定した
Liqfusion_402_603x602 Liqfusion_403_603x602
定格では、全コア動作時は3.70GHzでクロックが頭打ちになる オーバークロックをすると全コア動作時でも4.00GHzで動作する
Liqfusion_404_559x768
Ryzen環境のCPU温度は「CPU(Tdie)」の数値を採用した
totop