エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.669

ENERMAX「LIQFUSION」に見る、ここまで来たオールインワン型水冷ユニット

2018.07.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

CPU温度計測

Liqfusion_101_Temp_620x305
Liqfusion_102_watt_620x305

まず定格の温度を確認するとアイドル時は31℃、高負荷時は58℃、ファンの回転が追いつかず一瞬温度がはね上がるスパイク値も65℃で頭打ちとなり冷却性能はまったく問題なし。また消費電力が80W以上増える5.00GHzでも高負荷時の温度は75℃前後、スパイク値も最高86℃までしか上がらず、CPUのオーバークロック耐性さえ十分なら、5.00GHzの常用も安心だ。

冷却ファン回転数計測

Liqfusion_103_Fan_620x305

続いてファンの回転数を確認すると、定格はアイドル時が800rpm前半、高負荷時でも約60%前後となる1,200rpm前後で推移しておりまだまだ余力がある。一方5.00GHzではアイドル時は800rpm前半と低いものの、高負荷時は約90%となる1,800rpm台まで上昇しており、かなりギリギリの状態。「LIQFUSION」で安定したオーバークロックを狙うなら、5.00GHz前後までに抑えておいたほうが良さそうだ。

騒音値計測

次に冷却ファンから30cmの位置に設置したデジタル騒音計を使い、ノイズの違いを確認していこう。

Liqfusion_104_noise_620x305

回転数が800rpm前半で推移するアイドル時はいずれも34.9dBAで、バラック状態でも風切り音はまったく気にならなかった。また高負荷時でも定格では37.5dBAまでしか上がらず、PCケースに入れてしまえば騒音をシャットアウトすることができる。オーバークロックをする予定はなくとも、静音性を追求するなら「LIQFUSION」は大いに魅力的な選択肢となる。なおファンが90%前後で回転する5.00GHzでは43.9dBAまで上昇。個人的にはうるさくて我慢できないという程ではないが、PCケースに入れた状態でも風切り音は確実に聞こえてくるだろう。

totop