エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.669

ENERMAX「LIQFUSION」に見る、ここまで来たオールインワン型水冷ユニット

2018.07.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

メモリクリアランスをチェックする

マザーボードへの搭載を終えたところで、隣接するメモリスロットのクリアランスをチェックしておこう。搭載テストに使用したマザーボードはASRock「Fatal1ty Z370 Gaming K6」。ウォーターブロック右横にはウォーターチューブが接続されており、メモリスロットとは最も接近した位置関係にある。

ELC-LF240-RGB_42_1024x768

装着テストの結果、直径74mmのウォーターブロックとウォーターチューブは、メモリスロットへ一切干渉せずに搭載する事ができた。必要最低限のスペースのみ確保されている状態ではあるものの、これなら大型ヒートスプレッダ付きメモリとの組み合わせでも問題はないだろう。

鮮やかなRGB LEDの発光状態をチェックする

次に配線を済ませた状態で、電源を投入。「LIQFUSION」のアピールポイントでもある鮮やかなRGB LEDイルミネーションの発光状態をご紹介しよう。

ELC-LF240-RGB_51_1024x768

搭載テストには引き続きミドルタワーPCケース「SABERAY」を使用。モデル特有の設計から、ラジエターはトップ面およびマザーボード右手の搭載スペース、計2箇所それぞれに装着を試した。

ELC-LF240-RGB_52_1024x768
ELC-LF240-RGB_53_1024x768 ELC-LF240-RGB_55_1024x768
一般的なトップファンポートにラジエターを搭載したところ。CPUソケットとの距離も近いためウォーターチューブの長さにも十分余裕がある
ELC-LF240-RGB_49_1024x768
ELC-LF240-RGB_47_1024x768 ELC-LF240-RGB_50_1024x768
ENERMAX「SABERAY」にある右サイド冷却ファンエリアに搭載したところ。トップに比べて距離が遠くなるが、全長400mmと長めのウォーターチューブを使用しているため問題なく装着することができた

totop