エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.668

これで全てが分かる。In Win「A1」徹底解説

2018.07.06 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

In Win「A1」外観デザインチェック

製品の概要を掴んだところで評価サンプルをパッケージから取り出し、外観デザインからチェックを開始しよう。なお今回は国内正規代理店の株式会社アユート(本社:東京都文京区)より、ブラックとホワイトの両モデルを借り受けた。いずれもCube型筐体にマッチしたカラーリングで甲乙つけがたい。そこでこの検証では両色を使い、ランダムで露出する事にした。カラー選びの参考になればと思う。

a1_18_1024x768

シンプルなフロントパネルデザイン

まずはPCケースの顔である、フロントパネルを観察してみたい。ブラックとホワイト問わず、フロント上部にはシルバー文字のIn Winロゴがあしらわれているものの、それ以外はフラットデザインの非常に洗練された印象。スイッチやアクセスポートの類いも無く、ドライブベイも用意がない。とかく近頃では「光る」フロントパネルが多い中、シンプルなスタイルは誰にでも受け入れられるだろう。

a1_04_1024x768
仕上がりの良さから一見アルミニウム素材+アルマイト加工にも見えるが、実際のところ外装パネルにはスチール板が採用されている

トップパネル右手のスイッチ&アクセスポート

フロントパネルのデザインへの配慮もあってか、スイッチおよび外部アクセスポート類は、フロントトップ右端にレイアウトされている。手前の円形ボタンはPowerスイッチで、中央にはUSB3.0ポートが2つ、一番奥の2つは音声入出力端子になる。

a1_06_1024x768

「ワイヤレス給電ステーション」を中央に据えたトップパネル

トップパネルに目を移すと、In Winロゴを中心に据えたワイヤレス充電スポット「ワイヤレス給電ステーション」が主役になるだろう。「A1」の象徴的な実用的機能は、このモデルを選択する理由のひとつになるはずだ。なお「ワイヤレス給電ステーション」のユニットが内部に装着されている事もあり、冷却ファンの増設や通気孔といったPCに直接関連する類いの装備はない。

a1_08_1024x768
中央のヘリポートのようなマークが「ワイヤレス給電ステーション」。ここに惹かれる人も多いはず
totop