エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.663

AntecのフラッグシップGOLD認証電源「High Current Gamer Extreme」検証

2018.06.23 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

アルミニウムカバーがひときわ目を引く筐体を眺める

「High Current Gamer Extreme」シリーズ(以降「HCG Extreme」)は、1,000Wクラスの大容量モデルをラインナップしながら、奥行き160mmのコンパクトな設計が特徴。さらに外周には見た目にも鮮やかなカッパーゴールドのアルミニウムカバーを装備している。テスト時にはしっかりと熱も伝わり、放熱を補助する効果も期待できるだろう。また、筐体のファン吸気口は昨今のボトム配置に最適なフラットデザインで、中央の“Antecロゴ”とともに、オープンタイプの魅せるPCケースとの相性も良さそうだ。

hcg1000_05_1024x768
カッパーゴールドのアルミニウム製カバーとフラットデザインが印象的な「HCG Extreme」。1,000Wながら外形寸法はW150×D160×H86mmだ
hcg1000_08_1024x768
フラット形状で広くスリットが設けられたファン吸気口。中央には“Antec”の頭文字である“A”を模したロゴが貼り付けられている
hcg1000_12_1024x768
160mmの奥行を活かして、135mmの大口径のファンを装備している
hcg1000_14_1024x768 hcg1000_15_1024x768
某トップ電源メーカーでおなじみのファン制御機構と同じく、背面スイッチでセミファンレス動作のON/OFFを切り替えできる 裏側には、出力表や80PLUS GOLDロゴを貼り付け。また、側面と同じ製品型番がデザインされている
hcg1000_10_1024x768
モジュラーケーブル用のコネクタは、M/B用の18+10pin、PCI-E/CPU用の8pin×2/16pin×3に加え、SATA/Molex用の5pin×4を備えている

ケーブル品質にもこだわり。+12Vケーブルにはコンデンサを搭載

「HCG1000 Extreme」では、+12Vを使用するケーブルとしてメイン20+4pinケーブル(500mm)が1本、ATX12V/EPS12V 4+4pinケーブル(650mm)が2本、PCI-Express補助電源は6+2pin×2ケーブル(650mm)が2本と6+2pin×1ケーブル(650mm)が4本付属し、補助電源コネクタが1つのグラフィックスカードなら8枚同時に使うことが可能だ。またこれらのケーブルには、電圧の安定化やノイズを除去するため日本メーカー製コンデンサが内蔵されている。

その他、+5Vが中心のストレージ向けは、SATA 15pin×4ケーブル(700mm)が2本、SATA 15pin×4+4pinペリフェラル×2ケーブル(900mm)が1本、4pinペリフェラル×4ケーブル(800mm)が1本、4pinペリフェラル-FDD変換ケーブル(101mm)が1本付属し、こちらはいずれも裏面配線しやすい幅広のラウンドタイプを採用する。

hcg1000_57_1024x768 hcg1000_59_1024x768
メイン20+4pinケーブルはブラックで、保護用メッシュで覆われている ATX12V/EPS12V 4+4pinケーブル。ゴム製チューブで覆われた膨らんでいる部分にコンデンサを搭載
hcg1000_58_1024x768 hcg1000_60_1024x768
PCI-Express補助電源ケーブルは計6本で、6+2pinコネクタは8系統になる。こちらもコンデンサを備えているため、ケーブルはやや曲げづらい 固定用のインチネジのほか、マジックテープとケーブルタイが付属している
hcg1000_55_1024x768 hcg1000_56_1024x768
SATAと4pinペリフェラルケーブルには、ラウンドタイプを採用している。4pinペリフェラル→FDDコネクタ変換も付属
totop