エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.660

PCを鮮やかに彩る、RGB LED搭載ゲーミングメモリ「Ballistix Tactical Tracer RGB」

2018.05.30 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
PCのドレスアップ機能として今やデファクトスタンダードになったRGB LED機能。真っ先に導入が進んだマザーボードをはじめ、グラフィックスカードや各種冷却機器など、すでに多くのPCパーツで対応製品が登場しているのはご存知の通り。そしてこの流れに乗り、ここに来て一気に普及が進んでいるのがヒートスプレッダにRGB LED機能を搭載するメモリ製品だ。そんなドレスアップメモリの中から、今回は間もなく国内発売が開始されるBallistixブランドのゲーミングメモリ「Ballistix Tactical Tracer RGB」シリーズをチョイス。国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)より評価サンプルを借り受け、その出来映えを早速チェックしていこう。
tactics_rgb_901_1024x768
Ballistix Tactical Tracer RGBシリーズ
BLT4K8G4D26BFT4K(2,666MHz/8GB×4) 市場想定売価税込51,980円(6月1日発売予定)
BLT2K8G4D30BET4K(3,000MHz/8GB×2)(市場想定売価/発売日未定)
製品情報(Ballistix

Micronが本気で手がけるゲーミングブランド“Ballistix”

世界最大級のメモリメーカーMicronが手がける“Ballistix”ブランド。もともとはコンシューマ向け製品を扱うCrucialブランドのハイエンドシリーズとして製品を展開していたが、2016年にエンスージアストやゲーマーをターゲットにしたゲーミングブランドとして独立を果たした。

Crucial製品の特徴でもある優れた信頼性や安定性、そして高いコストパフォーマンスはそのままに、低レイテンシ・高クロック化を実現。さらにゲーマー向けPCで重要になる見た目にもこだわった製品を数多く投入している。

現在主流であるDDR4メモリのラインナップは、低レイテンシを重視したエントリーモデル「Ballistix Sport」、低レイテンシに加え、メモリクロックを高速化したミドルレンジモデル「Ballistix Tactical」、最高峰のメモリ帯域を誇るフラッグシップ「Ballistix Elite」の3シリーズ展開。いずれもドレスアップに加え、メモリチップを保護する役目もある独自デザインのヒートスプレッダを搭載し、製品には永久保証(ドイツでは10年)が提供される。

tactics_rgb_961x724
BallistixブランドのDDR4メモリの製品比較。動作クロックやレイテンシの違いにより3シリーズが用意され、すべての製品にオリジナルヒートスプレッダが搭載される

Ballistixブランド初のRGB LEDメモリ「Ballistix Tactical Tracer RGB」

tactics_rgb_902_1024x768

今回の主役である「Ballistix Tactical Tracer RGB」シリーズは、Ballistixブランド初のRGB LED機能を搭載したDDR4メモリ。ヒートスプレッダの上部に実装されたLEDライトバーは、専用ユーティリティ「Ballistix M.O.D.」(Memory Overview Display)を使うことで、LEDのON/OFFやカラー、発光パターンを設定可能。さらにLEDは8つの“Zone”ごとの設定にも対応し、これまでのメモリにはないアグレッシブなライティングを楽しむことができる。

20180122_micron_1024x768_12
今年1月に開催されたプレス向け新製品発表会では、専用キット使った「Ballistix Tactical Tracer RGB」のライティングデモが実施された

動作クロックは2,666MHzと3,000MHzの2種。モジュールあたりの容量は8GB(Single Rank)と16GB(Dual Rank)が用意され、レイテンシはすべて16-18-18、動作電圧は2,666MHzが1.20V、3,000MHzが1.35V。なおシングルメモリキットのほか、2枚1組のデュアルチャネルキットと4枚1組のクアッドチャネルキットがそれぞれラインナップされる。

tactics_rgb_001_600x230
totop