エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.646

異色のマザーボード、NZXT「N7 Z370」を観察する

2018.03.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
PCケースや冷却機器を得意とするNZXT(本社:アメリカ カリフォルニア州)から、初のマザーボード「N7 Z370」が登場した。PCケースとの統一感のあるスタイルを可能にするドレスアップ用メタル製カバーを標準装備。さらにファンコントローラ「GRID+」や、RGB LEDライティング「HUE+」など、まさにNZXT製PCケースのために開発された異色のマザーボード。今回は短期間ながら評価サンプルに触る機会を得たので、画像を中心にファーストインプレッションをお届けしていこう。
N7z370_1024x768a
N7 Z370 市場想定売価249.99ドル(国内市場未発売)
製品情報(NZXT

NZXT製PCケースのために設計されたマザーボード「N7 Z370」

NZXTブランド初のマザーボード製品となる「N7 Z370」。まずひときわ目を引くのが、基板ほぼ全面を覆うドレスアップ用のメタル製カバーの存在だ。カラーバリエーションは今回評価サンプルとして届けられたホワイトの他、ブラックの2色がラインナップ。いずれも光沢のない落ち着いたマット仕上げが施されており、同社製PCケース、特に以前詳細検証をお届けした最新ミドルタワー「H700i」とのマッチングには最適だ。

h700i_68_1024x768
公式ホームページにある「H700i」の組み込み例。まるで専用マザーボードのように「N7 Z370」が自然に溶け込んでいる

また機能面に目を向けると、専用ユーティリティ「CAM」で制御ができるファンコントローラ「GRID+」や、ライティングコントローラ「HUE+」を搭載。さらにオンボードのノイズセンサーを使いファンの速度と騒音レベルを解析する「Adaptive Noise Reduction」アルゴリズムをベースにした「機械学習」機能もサポート。これまでも先進的なデザインや独創的なギミックで、多くの自作派を唸らせてきたNZXTのマインドは「N7 Z370」でもしっかりと継承されている。

n7_002_1024x768
メタル製カバーのカラーはマットブラックも選択可能。組み込み例を見ると分かる通り、PC全体の印象がガラリと変わる

続いて、簡単にスペックを確認しておこう。チップセットにIntel Z370を採用するATXマザーボードで、CPUはIntelのメインストリーム向けとなるCoffee Lake世代のCore i7/i5/i3に対応。メモリスロットはDDR4-3866×4本(最大64GB)、ストレージインターフェイスはSATA3.0(6Gbps)×4、M.2×2で、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x4)×2、PCI-Express3.0×1を搭載。なおマルチグラフィックスは2-WayまでのNVIDIA SLI/AMD CrossFire Xをサポートする。

n7_01_1024x768 n7_02_1024x768
白と青紫を基調にしたシンプルなデザインのパッケージ。裏面には「CAM」についての説明に広くスペースが割かれている
n7_03_1024x768 n7_04_1024x768
マザーボードは、さらにアクリルカバーを備えた内部ボックスに保護された形で収納。また付属品はパッケージの底面部分にまとめられていた
n7_001_spec_600x381
totop