エルミタ的「編集部で使ってみた」

買ってすぐに使える、ドスパラのお手軽SBC「DG-Tinker3288」を試す

2018.03.21 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

必要なものはディスプレイと入力デバイスだけ。電源を入れれば即動作可能

画像による検証が一通り完了したところで、最後に実際の動作を確認していこう。「DG-Tinker3288」では、OSのセットアップも完了した状態で出荷されるため、必要な作業は入力デバイスとディスプレイを接続して電源を入れるだけ。20秒ほどでAndroidベースの「TinkerOS」が起動する。

tinker_001_1024x576
電源ボタンが用意されていない「DG-Tinker3288」。ACアダプタを接続すると約20秒ほどで「TinkerOS」が起動する
tinker_002_1024x576 tinker_003_1024x576
Android 6.0がベースのため、基本的な設定はスマートフォンやタブレットと同じ。「言語と入力」で日本語IMEを選択すれば、日本語の入力も可能
tinker_004_1024x576 tinker_005_1024x576
残念ながら「キーボードレイアウト」には日本語の設定がなかったため、今回は「英語(米国)、インターナショナル配列」を使用した 「タブレット情報」を確認するとAndroid 6.0.1がベースになっていることがわかる
tinker_005_1024x576 tinker_007_1024x576
平均メモリ使用量は850MB前後で推移しており、メモリ容量にはかなり余裕がある 電源ボタンはないが、シャットダウンや再起動は「Power」ツールで行うことができる

残念ながらGoogle Playがプリインストールされていないため、アプリケーションの追加はややハードルが高いものの、Webブラウザやメーラー、ファイラー、メディアプレーヤーなど基本的なアプリケーションは一通り揃っている。また日本語入力システムも用意されており、液晶テレビのスマートTV化など、ライトな使い方であればとりあえず困ることはないだろう。さらにApkパッケージが入手できれば「ApkInstaller」でインストールができる。

tinker_008_1024x576
標準のWebブラウザを使いエルミタのサイトを表示したところ、スタイル崩れや文字化けもなく正常に閲覧できた
tinker_009_1024x576 tinker_010_1024x576
IMEの設定をしておけば日本語での検索も可能 Youtubeの動画もコマ落ちすることなく滑らかに再生できた
tinker_011_1024x576
「Video」アプリを使えば動画ファイルの再生が可能
tinker_013_1024x576 tinker_014_1024x576
「音楽」アプリではオーディオファイルの再生だけでなく、ファイル情報の取得もできる
tinker_012_1024x576 tinker_017_1024x576
「メール」アプリでは、試しにGoogleのアカウントを設定してみたところ問題なくメールの送受信を行うことができた 「ApkInstaller」を使えば、Apkファイルのアプリケーションを追加することができる
tinker_015_1024x576 tinker_016_1024x576
「Explorer」は、SDカードだけでなくUSBメモリなど、外部ストレージのデータ管理にも対応する

肩肘張らず、気軽に使える高性能SBC「DG-Tinker3288」

元々IoTや組み込み向けなど、単一作業を想定して設計されたSBC。しかし今回検証した「DG-Tinker3288」では、高速駆動のクアッドコアSoCやデュアルチャネル対応の広帯域メモリを採用することで、現行最高峰の性能を実現。Webブラウザやメール、メディアファイルの再生など、ライトな運用であればデスクトップPCの代替としても十分なパフォーマンスを発揮してくれた。

tinker_926_1024x768

また一般的には別途PCが必要になる、面倒なOSのセットアップ(イメージファイルの書込)作業は不要。さらにケースやACアダプタの選択にも頭を悩ませることはなく、その手軽さはSBCの中では群を抜いている。正直Google Playがないのは少々残念だが、その他主要なアプリケーションはプリインストール済み。入力デバイスとディスプレイさえ用意すれば、すぐに使うことができる「DG-Tinker3288」は、とりあえずSBCを体験してみたいという初心者や、静音かつ小型デスクトップPCを使いたいというユーザーにはまさにうってつけの製品だ。

協力:株式会社サードウェーブ(ドスパラ)

totop