エルミタ的一点突破 Vol.47

「虎徹」のトップフロー版、サイズ「超天」は冷えるのか

2018.03.16 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕/池西 樹(テストセッション)

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

必要最小限に抑えたサイズ「超天」のパーツ構成

ここで「超天」のパッケージ内容を確認しておこう。とは言うものの、サイズの歴代オリジナルCPUクーラーの中でも、必要最小限に抑えた付属品構成。「超天」本体には「Intel Clip」が「Screw」により固定された状態で出荷され、茶箱の中には「AMD Clip」と「Thermal Grease」だけが同梱されている。つまり「KAZE FLEX 120 PWM」も装着済みだ。
 なおマニュアルは1枚の紙を折りたたんだ状態で付属し、言語は日本語を筆頭とした多言語表記。もっとも付属品の少ない製品だけあって、詳細な図説を眺めるだけで誰でも簡単に取り付けができるはずだ。

SCCT-1000_17_1024x768 SCCT-1000_23_1024x768
ヒートシンク本体 KAZE FLEX 120 PWM
SCCT-1000_20_1024x768 SCCT-1000_18_1024x768
AMD Clip Intel Clip
SCCT-1000_21_1024x768 SCCT-1000_22_1024x768
Thermal Grease Screw
SCCT-1000_30_1024x768
図説マニュアル
totop