エルミタ的一点突破 Vol.47

「虎徹」のトップフロー版、サイズ「超天」は冷えるのか

2018.03.16 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕/池西 樹(テストセッション)

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
久し振りにお送りする、エルミタ的一点突破。今回取り上げるのは、株式会社サイズ(本社:千葉県松戸市)のオリジナルトップフロー「超天」(型番:SCCT-1000)だ。"あの人気モデル”の血統を受け継ぐとされる待望の新作。その実力を試してみよう。

唯一無二のオリジナルCPUクーラー、「超天」

国内で唯一、コンシューマ向けにオリジナルCPUクーラーを企画・設計。自作PCブームに乗って誕生したサイズは、今なお路線を変えることなく、独自製品を市場に提供し続けている。新製品はリリースされる毎に注目を集め、空冷の「定番」と呼ばれるモデルは歴代、サイズの製品が世代を変えて守り続けている状況。日本国内市場でサイズの牙城を崩す事は、高発熱CPUを冷却よりも難しい事かもしれない。

さて今回取り上げるのは、そんなサイズが久し振りに企画・設計したトップフロー型CPUクーラー「超天」(型番:SCCT-1000)だ。

SCCT-1000_03_1024x768
超天(型番:SCCT-1000)市場想定売価税抜3,980円(2018年3月14日出荷開始)
製品情報(株式会社サイズ

この製品が誕生するにあたり、株式会社サイズの開発に携わるS氏によると、企画自体はサイドフロー型CPUクーラーの定番「虎徹 MarkⅡ」(型番:SCKTT-2000)のトップフロー版であるらしい。そして根強く需要があるトップフロー型でも市場のNo.1を狙うべく、当初のネーミング案は「頂点」だったそうだ。紆余曲折があり、製品版は「超天」になったが、製品に対する思いは変わらない。

SCCT-1000_01_1024x768
SCCT-1000_02_1024x768 外装パッケージは歴代オリジナルモデルを踏襲した、フック穴付きの紙箱。パッケージサイズはW175×D145×H190mm、重量790g

スペック表に見るサイズ「超天」

評価サンプルをパッケージから取り出す前に、スペック表から「超天」の概要を掴んでおこう。アルミニウム製放熱フィンと、ニッケルメッキ処理が施されたφ6mmヒートパイプ4本で構成。そこに25mm厚120mm口径ファンがワイヤークリップでマウントされている。

対応フォームファクタは、Coffee Lake-Sにも対応するIntel LGA1151をはじめ、AMD Ryzen Summit RidgeのSocket AM4、さらに最新APU Ryzen 5などのRaven Ridgeも当然サポート。CPUから熱を吸い上げる受熱ベースは銅製で、マザーボードへの固定方法に、Intel系は手軽なクリップ式リテンション(LGA2011/2011-V3/2066非対応)。AMDはフック式(TR4は非対応)をそれぞれ採用。出荷時はIntel向けクリップが装着されていた。

SCCT-1000_600x221
totop