エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.639

これで全てが分かる。CORSAIR「Obsidian 500D」徹底解説

2018.02.27 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

CORSAIR「500D」のドライブベイレイアウト ~3.5インチ~

「500D」のストレージ搭載スペースは、すべてマザーボード背面のエリアに集約されている。つまりもっとも広いスペースが確保されている左サイド側に、シャドウベイの用意はない。魅せるPC構築も当然視野に入る「500D」の設計だが、主役は意外にもスペースが占有される本格水冷の構成パーツで、今やストレージの立場は脇役といったところだ。

2箇所あるストレージ搭載スペースのうち、3.5インチシャドウベイはフロント右手に位置する。縦に2つ装備されたABS樹脂製のブラケットは、下側中央部を1本のハンドスクリューで固定。ロックされた背面部を上方向にスライドさせる事で、取り外しができる仕組みだ。

500d_38_1024x768
500d_31_1024x768 ブラケット両側面にはピンが備わり、3.5インチHDDはツールフリーで固定ができる。なお底面にある4つのネジ穴を使えば、2.5インチSSDもマウント可能

CORSAIR「500D」のドライブベイレイアウト ~2.5インチ~

2.5インチSSD専用のシャドウベイは、CPUクーラーメンテナンスホールの下エリアにレイアウトされている。マザーボードトレイ部には独立型マウンタ3つが横並び。ハンドスクリュー1本で固定され、必要箇所だけ取り外して2.5インチSSDを固定する。

500d_40_1024x768
500d_30_1024x768 2.5インチSSD専用マウンタは、脱落しないハンドスクリューを使用。SSDの背面をネジ穴に合わせ、ミリネジで固定する

ボトムカバーが覆う電源ユニット搭載スペース

近頃流行の装備として真っ先に思い浮かぶのが、ボトムカバーだろう。出始めの頃は熱源の分離がメリットと謳われるケースがほとんど。しかし”魅せるPC”に注目が集まると、煩雑になるケーブル類を電源ユニットごと隠してくれる、カバーの役割として認知されるようになった。ちなみに英語表記のマニュアルでは「覆う」といった意味を持つ「shroud」と表記される事が多い。なるほど違和感がない。

実測280mmのボトムカバーを備えた搭載スペースには、奥行き225mmまでのATX規格が搭載可能。意外にもスペースを必要とする、モジュラー式のハイエンド電源ユニットでも搭載できるだろう。

500d_37_1024x768
500d_32_1024x768 ボトムカバーのフロント寄り側面は密閉状態。カバー自体は取り外しが想定されておらず、電源ユニットのインストールは右側面のスペースから行う

7+2段の拡張スロット

拡張スロットは横に7段、縦に2段の計9段。拡張スロット金具はハンドスクリューで固定され、長方形の通気孔を備えている。さらに縦2段は、グラフィックスカードの垂直マウント用。市販のライザーケーブルを用意すれば、強化ガラス製サイドパネルに対してVGAクーラーを水平にマウント。各社自慢のオリジナルクーラーが常時”鑑賞”できる。

500d_33_1024x768 500d_50_1024x768
グラフィックスカードを垂直マウントする縦2段の拡張スロットは、必要な時にくり抜く仕様。それでもグラフィックスカード搭載用のハンドスクリューは装備されている

ポンプおよびリザーバー設置スペース

フロントパネル裏の底面を見ると、ネジ穴やスリットが確認できる。マニュアルに記載はないが、水冷パーツの固定を想定した”万能プレート”のような役割を果たす設置スペースだ。これまでシャドウベイとして使われていた跡地を無駄にせず、有効活用しようという考えだ。

500d_53_1024x768 幅約105mm、奥行き約175mmの空きスペースに、約45mm幅のスリット6本と複数の穴が、10mm/25mm/35mm/45mmの各ピッチでレイアウトされている。特に決まりは無いが、なにかと便利に使えそうだ
totop