エルミタ的「編集部で使ってみた」

コスパ優秀なエントリーNASキット、TerraMaster「F2-220」を使ってみる

2018.02.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

あっけなく設定が完了、シンプルUIで使いやすい「TOS 3.0」が起動

これにてセットアップは完了。ログインすればLinuxベースのNAS用OS「TOS 3.0」が起動し、設定開始から30分程度でNASが運用可能になる。早速データを送り込みつつ、共有やバックアップの設定なども確認しておこう。また、モバイル端末向けに公式アプリ「TNAS Mobile」も用意されており、スマートフォンからNASデータにアクセスすることも可能だ。

30_F2-220_1024x637
マニュアル不要の簡単設定を経て、ものの30分程度でNAS環境が完成。Windows感覚で使えるシンプルなGUIの「TOS 3.0」がブラウザ上に立ち上がる
31_F2-220_1024x637 32_F2-220_1024x637
早速仕事用のデータを格納、ファイルサーバーとして使うだけなら迷うことはない。内部データはGUI上からプレビューで確認できる
33_F2-220_1024x637 34_F2-220_1024x637
アプリを追加することで機能拡張が可能。Linuxベースのため、ある程度の定番はしっかりカバーされている印象だ 「コントロールパネル」では、ハードウェア情報やシステム環境を確認できる。暖房の効いた室内でもデバイス温度は27℃と、しっかり冷却されていることが分かる
35_F2-220_1024x637 36_F2-220_1024x637
必要に応じて、バックアップ連携やリモートアクセスの設定も行っておこう
37_F2-220_431x768 38_F2-220_431x768
スマホ用アプリ「TNAS Mobile」があれば、iOS/AndroidからNASにアクセス可能。もちろん、サードパーティ製のファイルブラウザアプリを使ってもいい
39_F2-220_431x768 40_F2-220_431x768
サムネイルで確認できないのが残念だが、しっかり内部データを確認可能。画像などはアプリ上からプレビュー表示できる
totop