エルミタ的「編集部で使ってみた」

コスパ優秀なエントリーNASキット、TerraMaster「F2-220」を使ってみる

2018.02.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

お手軽な初期設定と「TOS 3.0(NAS OS)」のインストール

電源を投入すれば、それほど待たずにHDDの認識が完了。続いてブラウザ経由でNASにアクセスし、初期設定に移っていく。マニュアルや動画を参照することもできるものの、基本的には親切なガイドに従うだけで、簡単に設定を終えることができる。

19_F2-220_1024x637
同梱のシートに記載されたURLにアクセスすると、クイックインストールガイドが開く。あとは内容を追っていくだけで、設定が完了できる
20_F2-220_1024x637 21_F2-220_1024x637
デスクトップクライアントのインストールを行いつつ、その後の設定方法をガイドで確認しておく
22_F2-220_800x523
デスクトップクライアントを起動すると、しっかり「F2-220」が認識されているようだ。もし何も表示されていなければ、電源やケーブルの状態をチェックしよう
23_F2-220_1024x637
クライアントから「F2-220」(TINAS)をクリックすると、ブラウザが起動。NASのOSであるTOSのインストールに移っていく。表示が中華フォントになっているのはご愛顧だ
24_F2-220_1024x637 25_F2-220_1024x637
ここも基本的にはガイドに従っていくのみ。HDDのスキャンが完了すると、TOSのインストールが開始される。10分ほど暇をつぶしていれば、気付いた頃にはインストールが終わっているだろう
26_F2-220_1024x637 27_F2-220_1024x637
ここで管理者のパスワードや確認用メールアドレスを設定する。確認コードをメールでチェックして入力、次はRAIDレベルを選択。2ベイモデルのため、基本的にはRAID 1を選択することになるだろう
28_F2-220_1024x637 29_F2-220_1024x637
すべての設定が完了すると、ディスクアレイのフォーマットが開始。こちらはすぐに終了し、ログイン画面に移行する
totop