エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.633

パフォーマンスが飛躍的に向上。PLEXTORの最新フラッグシップ「M9Pe」シリーズ

2018.01.30 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

基板全面を覆う大型のアルミニウム製ヒートシンクを搭載

M.2 SSDとPCI-Express変換基板で構成される「M9Pe(Y)」シリーズ。表面には基板ほぼ全面を覆う大型のアルミニウム製ヒートシンクを搭載し、コントローラやNANDフラッシュを強力に冷却。発熱の多いNVMe SSDでもサーマルスロットリングが発生することなく、常に安定したパフォーマンスを発揮することができる。またヒートシンク側面にはRGB LEDに対応するライティングバーを標準装備。ケース内を色鮮やかにドレスアップしてくれる。

M9pe_908_1024x768
ブラックを基調にレッドのワンポイントロゴが印象的なアルミニウム製ヒートシンクを搭載
M9pe_909_1024x768
ヒートシンクの側面にはRGB LEDライティングバーを搭載。また「PLEXTOR」のロゴにはホワイトLEDが内蔵されている
M9pe_910_1024x768
ヒートシンク表面には放熱面積を拡大すると共に、エアフローの最適化効果もあるフィンがデザインされている
M9pe_911_1024x768 M9pe_914_1024x768
基板裏面には主要なコンポーネントは一切搭載されていない インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)に対応する
M9pe_912_1024x768 M9pe_913_1024x768
裏面には製造年月日などが記載されたスペックシールが貼り付け ヒートシンクを固定するネジの1本は「WARRANTY VOID」シールで封印済み。もちろん剥がしてしまうと保証は受けられなくなる
M9pe_915_1024x768
リアパネルは通気性を考慮したパンチング仕様。厚さは1スロットで、付属のブラケットを使えばロープロファイルにも対応する
totop