エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.632

中堅モデルの本命に躍り出るか。価格以上の性能を誇る、Antecの新型GOLD電源「NeoECO GOLD」

2018.01.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「NeoECO GOLD」の実働テストを開始

neg750w_04_1024x768

ここからは、実際に「NeoECO GOLD」をマシンに組み込んでの実動テストに移ろう。テストにあたっては、Core i7-7700とGeForce GTX 1070 Tiを搭載したハイエンド志向の環境を用意。各種ベンチマークにて、その挙動を確かめてみることにした。なお、その他の環境については下記の表を参照のこと。

04_NeoECO_GOLD_600x251

OCCT 4.4.2:PowerSupplyTest

まず最初にテストするのは、ストレステストの大定番「OCCT 4.4.2」だ。CPUとGPUの両方に負荷をかける「PowerSupplyTest」を動作させ、最高レベルの負荷環境における挙動をチェックしてみよう。なお、テストは連続30分間実行し、その間の消費電力は最大288Wだった。

05_NeoECO_GOLD_792x603
「OCCT 4.4.2:CPU」による各電圧の変化
06_NeoECO_GOLD_792x603
「OCCT 4.4.2:CPU」による各電圧の最大/最小/平均値

グラフの波形はフラットそのもので、いずれの電圧値も定格を下回るシーンは一切なし。特に最も重要な+12Vはほぼ最大値に張り付く安定動作で、最大・平均の差はなんと0.001V。+5Vと+3.3Vも微小な変動のみで、かなり理想的な電圧変動のパターンを示している。

totop