エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.629

予想を裏切る高性能。DRAMキャッシュレスのエントリーSSD、Colorful「SL500 640G」

2018.01.17 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

「CrystalDiskMark 6.0.0」でも圧縮率の影響をチェック

「CrystalDiskMark 6.0.0」でもランダムアクセスを中心に圧縮率の影響を確認しておこう。計測はデータサイズを1GiBに固定。データ形式は圧縮率の低い「デフォルト (ランダム)」と圧縮率の高い「All 0×00 (0Fill)」を選択し、計測を実施した。

sl500_201_crystal_402x367 sl500_202_crystal_402x367
【デフォルト (ランダム)】 【All 0×00 (0Fill)】

「AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387」でチェックしたシーケンシャルアクセスはもちろん、ランダムアクセスでも有意な違いは認められず、Silicon Motion「SM2258XT」は圧縮率の影響がないコントローラと結論づけていいだろう。そこで以降のテストは「デフォルト (ランダム)」のみに絞って行うことにした。

「CrystalDiskMark 6.0.0」のパフォーマンスをチェック

続いて「CrystalDiskMark 6.0.0」を使い、データサイズによる違いと、ランダムアクセスを中心に性能を確認していこう。なおデータサイズは50MiB~32GiBまで、用意されている9つすべてのプリセットで測定を行っている。

sl500_211_crystal_50_402x367 sl500_212_crystal_100_402x367
【50MiB】 【100MiB】
sl500_213_crystal_500_402x367 sl500_214_crystal_1g_402x367
【500MiB】 【1GiB】
sl500_215_crystal_2g_402x367 sl500_216_crystal_4g_402x367
【2GiB】 【4GiB】
sl500_217_crystal_8g_402x367 sl500_218_crystal_16g_402x367
【8GiB】 【16GiB】
sl500_219_crystal_32g_402x367 【32GiB】
SL500_001_4K_620x250
SL500_002_4KQD8_620x250
SL500_003_4KQD32_620x250

シーケンシャルアクセスは、読込が最高533MB/sec、書込が最高475MB/secで、いずれも公称値を上回るスコア。データサイズによるブレもほとんどなく、DRAMキャッシュレスによる影響はまったく感じられない。4Kクラスの動画、画像編集などサイズの大きいファイルを頻繁に扱う作業では特に力を発揮してくれるだろう。

またランダムアクセスは、4KiB Q1T1は読込最高36MB/sec、書込最高140MB/sec、4KiB Q8T8やQD32T1は読込最高298MB/sec、書込最高345MB/secを計測。IOPSに換算すると最高値は読込約72,000 IOPSと約84,000 IOPSで、こちらも公称値を上回る。ただし、こちらはファイルサイズが大きくなるに従ってパフォーマンスが低下。特に8GiB以上では落ち込みが大きいことは覚えておく必要がある。

totop