メーカー謹製ツール徹底解説 Vol.2

「A-Tuning」など、3つに大別されるASRock製マザーボード謹製ユーティリティ

2018.01.03 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
マザーボードやグラフィックスカードに付属する、メーカー各社が工夫を凝らした最新ユーティリティの使い方を解説する「メーカー謹製ツール徹底解説」。第2回目の今回は、システムチューニングツール「A-Tuning」をはじめとしたASRock製マザーボードのユーティリティを取り上げる。シンプルながら使い勝手のよい、各種ユーティリティの機能を早速紹介していこう。

大きく3つに分類されるASRockのマザーボード謹製ユーティリティ

as_util_001_1000x649
ASRock製マザーボード謹製ユーティリティの中で最も多機能な「A-Tuning」。UEFI並の細かなチューニングが可能だ

ASRock製マザーボードの謹製ユーティリティは、システムのリアルタイムモニタリングや各種チューニングを行うことができるメインユーティリティ「A-Tuning」の他、各種アプリケーション、ツール類のダウンロードや、BIOS、ドライバのアップデートができる「APP Shop」、マザーボード上のLEDイルミネーションや、市販の5050 RGB LEDストリップのカラーを変更できる「RGB LED」の3つに大別される。

as_util_003_945x671 as_util_004_1008x542
LEDライティングの制御ができる「RGB LED」。マザーボードによって制御できるLEDの数は異なるが、操作はいずれも同じ 「APP Shop」では「Norton Security」や「Google Chrome」など、他社のアプリケーションもインストール可能

各ユーティリティは機能ごとに分類され、用途が完全に異なることから、ASRockではこれらを統合するランチャーなどは用意していない。しかし、インストールはドライバCDに搭載されている「統合インストーラー」を使えばまとめて行うことができることから、実際の運用で特に不便に感じることはないだろう。

as_util_002_634x480
ASRock製マザーボードでは、ドライバCDに「統合インストーラー」が同梱されており、ドライバやユーティリティを一括でインストールできる

なお「A-Tuning」は、ゲーミング向け「Fatal1ty Gaming」シリーズでは「F-Stream Tuning」、オーバークロック向け「OC Formula」シリーズでは「Formula Drive」と呼ばれ、デザインもシリーズに合わせたものに変更される。ただし、基本的な機能に大きな違いはないため、これらのユーティリティを使う際にもこの記事が参考になるはずだ。

as_util_005_1000x649
「Fatal1ty Gaming」シリーズでは「A-Tuning」は「F-Stream Tuning」に変更。外観デザインは異なるものの、基本的な機能に大きな違いはない
as_util_006_600x350
Webサイトに公開されていた「Formula Drive」の画面。「OC Formula」向けの特別設計ということで、若干設定項目などが違う可能性はあるが、こちらも基本設計は変わらない
as_util_101_testspec_600x261
totop