エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.625

性能を最大限に引き出した Palit「GeForce GTX1070Ti 8GB JetStream」を検証

2017.12.29 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
2.5スロットを占有するオリジナル大型VGAクーラーを搭載させたグラフィックスカード「GeForce GTX1070Ti 8GB JetStream」(型番:NE5107T015P2-1041J)。国内市場ではドスパラの専売ブランドとして認知されるPalit Microsystems(本社:台湾)の最新モデルだ。NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti搭載カードとしては数えること2製品目で、税込60,000円アンダーを実現した売価と優れたパフォーマンスが魅力の1枚。そんな最新モデルの実力を検証していこう。

オリジナル巨大VGAクーラーや強化された電源周りなど魅力満載の1枚

Palit_GTX1070Ti_14_1024x768
Palit Microsystems「GeForce GTX1070Ti 8GB JetStream」(型番:NE5107T015P2-1041J)
直販価格税込57,240円(2017年12月現在) 製品情報(Palit Microsystems

ポジション的にはNVIDIA GeForce GTX 1080とGeForce GTX 1070の中間。GeForce GTX 1070 Tiを搭載するPalit「GeForce GTX1070Ti 8GB JetStream」(型番:NE5107T015P2-1041J)は、11月2日の解禁と同時に店頭に並んだ。デュアルファン仕様のVGAクーラーを搭載した「GeForce GTX1070Ti 8GB DUAL」(型番:NE5107T015P2-1043D)の上位に位置するグラフィックスカードだ。

Palit_GTX1070Ti_01_1024x768 Palit_GTX1070Ti_02_1024x768
ブラック基調に、大きく「風」の文字が入ったパッケージを採用。裏面には製品の特徴が記載されている

Palit独自の巨大VGAクーラーを搭載し、BIOS不具合発生時も安心な「デュアルBIOS」を用意。さらにオーバークロック動作も視野に入れた余裕のある8pin+6pin仕様のPCI-Express補助電源に、NVIDIAリファレンスの5+1フェーズから増量された8+1フェーズ電源回路を備えるオリジナル基板が採用される。

性能面で複数のアピールポイントを詰め込みながら、価格面でも全国22店舗およびWeb通販を展開するドスパラの販売網の強みを生かし、同一モデルの最安価格帯(2017年12月現在)を実現する。そんな魅力満載の1枚が今回の主役だ。

Palit_GTX1070Ti_31_1024x768
補助電源が8+6pin仕様、電源回路が8+1フェーズに強化されたオリジナル基板を採用。巨大VGAクーラーと相まって、安定したオーバークロック動作が可能
Palit_GTX1070Ti_spec_600x281
Palit_GTX1070Ti_46_1024x768 こちらはGeForce GTX 1070 Ti搭載のスタンダードモデル「GeForce GTX 1070 Ti 8GB DUAL」(型番:NE5107T015P2-1043D)。実勢売価は、GTX 1070 Ti搭載グラフィックスカード最安の税込5万3730円(2017年12月現在)
totop