エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.612

これで全てが分かる。Antec「P110 Silent」徹底解説

2017.11.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Antec「P110 Silent」を実際に組み込んでみる

最終セッションでは、「P110 Silent」に構成パーツを組み込み、実際に搭載してみなければ分からない事や、作業中に気が付いた事、さらに主要部分では搭載後の周辺クリアランスを計測してみよう。

p110_69_1024x768

マザーボードを搭載してみる

組み込みセッションの手始めに、マザーボードを搭載してみる。ATX規格に対応するミドルタワーPCケースだけに、ATX規格値である305×244mmサイズのマザーボードを用意。搭載後の周辺クリアランスの計測も行ってみよう。

なお「P110 Silent」のマザーボードトレイには、予めスタンドオフが搭載されている。使用するマザーボードのネジ穴を確認しながら、必要であれば付属品から付け足せばいい。なお基板を固定するネジは、ワッシャー付ミリネジを使用する。

p110_44_1024x768
搭載テストには以前詳細検証を行ったASRock「Z270 Gaming K6」を使用。なおバックパネルは、背面”ツライチ”ではなく、一段内部側に窪んだ箇所に固定する
p110_45_1024x768 p110_46_1024x768
搭載後のクリアランスは、トップパネルまで実測で約60mm、フロントパネルまで約180mmだった。ミドルタワーPCとしては、ゆったりとスペースが割かれている印象

CPUクーラー有効スペース

マザーボードを搭載したところで、CPUクーラーの有効スペースを見ておこう。資料によると、搭載可能なCPUクーラー高は最大で165mmまで。140mm口径ファンを搭載する、サイドフロー型CPUクーラーも搭載できるだろう。

p110_47_1024x768
念のため実際にCPUからの有効高を計測。CPUの上空には公称値通りの空きスペースが確保できている
p110_49_1024x768 その勢いで、CPUクーラーメンテナンスホール(カットアウト)もチェック。CPUソケット裏面を大きく切り抜いた開口部は、実測で最大縦180mm、高さ130mmだった

グラフィックスカードを搭載してみる

次にグラフィックスカードを搭載してみよう。検証にはColorful「iGame GTX1080Ti Vulcan AD」を用意。2.5スロット占有大型VGAクーラーを搭載したGeForce GTX 1080 Tiグラフィックスカードで、拡張ブラケット部にはオーバークロック機能「ONE-KEY OC」のスイッチを装備。奥行きは300mmに達するハイエンドモデルだ。なお「P110 Silent」の拡張カード有効スペースは最大390mm。一般的なミドルタワーPCケースに比べると、かなりの余裕がある。

p110_50_1024x768
計測するまでもなく、有効スペース最大390mmに対し、奥行き300mmのグラフィックスカードは十分過ぎるほどの余裕を残しマウントできた。ケース幅いっぱいに空間を利用した設計が功を奏している
p110_52_1024x768
p110_51_1024x768 重量級グラフィックスカードの末端を支え、右下がりに垂れた状態を補正する「VGAホルダー」を標準装備。2ポジションの上下スライド機構により、搭載したグラフィックスカード長に合わせ、適正な位置で下支えしてくれる。なおスライド範囲は実測で約120mm程度
totop