エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.612

これで全てが分かる。Antec「P110 Silent」徹底解説

2017.11.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

十分な裏配線スペースとケーブルマネジメント機構

「魅せるPC」というキーワードにさほど興味がない人でも、ケーブルマネジメントには気を使うという人は少なくないだろう。実は筆者もその一人。PCは趣味よりも実用としての比重が大きく、「RGB LED」等といった存在にさほど反応しない。ただし裏配線スペースで結束バンドを駆使し、デバイス間を最短で美しく仕上げる事には時間を掛けて頭を悩ませる。普段隠れた場所でも、煩雑なケーブル類をキレイに整頓できれば気分がいい。

さておき「P110 Silent」では、全体で約30mmの裏配線スペースが確保されている。構成パーツの種類が複雑になるほどケーブル類は増えるため、居住スペースは広い方が有利。さらにスルーホールの存在も重要で、システム構成に見合ったレイアウトを決めながら、組み込み作業を進めたい。

p110_29_1024x768
裏配線スペースのフロント寄りには窪みを設け、余分なケーブルを結束しておく事ができる。出荷時はフロントアクセスポート類から延びたケーブルが束ねられ、これを手本に有効活用しよう
p110_30_1024x768 p110_31_1024x768
CPU補助電源コネクタや、PCI-E電源ケーブル用に最適化されたスルーホールを装備。マザーボードトレイ背面には、結束バンドを引っ掛けるフックも設けられている

Antec「P110 Silent」の付属品総点検

組み込みに必要なネジ類などの付属品は、ジッパー袋の中にひとまとめに詰め込まれている。ただし使用するネジ類は、すべて自作PCにはお馴染みのものばかり。組み込み経験のあるユーザーであれば、おおよそどの部分で使用するネジなのかは、判別がつくだろう。
 これらの付属品は、アクセサリーBOXに収納。ドライブレール仕様の3.5インチシャドウベイ部にワイヤーで固定された状態で出荷される。

なおマニュアルは日本語を含む7カ国語に対応するも、非常に簡易的なものだった。組み込みに迷った時は、本稿を参考にして頂ければと思う。

p110_39_1024x768 p110_37_1024x768
(A)スタンドオフ(x3)・・・マザーボード固定用台座。内径はミリ (B)ワッシャー付ミリネジ(x17)・・・マザーボード固定に使用
p110_41_1024x768 p110_40_1024x768
(C)SSD固定用ネジ(x16)・・・頭部が平らなミリネジ (D)ワッシャー付インチネジ(x4)・・・電源ユニット固定用
p110_35_1024x768 p110_42_1024x768
(E)ゴムワッシャー(x12)・・・ストレージ固定時に使用 (F)HDD固定用ネジ(x12)・・・頭部が平らなインチネジ
p110_36_1024x768 p110_43_800x600
(G)面ファスナー(x4)・・・Antecロゴ入りの結束アイテム 7カ国語対応マニュアル
totop