エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.612

これで全てが分かる。Antec「P110 Silent」徹底解説

2017.11.11 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

フロントパネルには0.8mm厚アルミニウム素材を採用

ここからは「P110 Silent」の外観デザインからチェックをはじめよう。PCケースの顔となるフロントパネルは、外装部分に0.8mm厚アルミニウム素材を採用。艶消し塗装は質感の良さを効果的に際立たせている。また、左上部にはAntecロゴを設け、ちょっとした仕掛けも用意した。これについては、後ほど詳しく解説する。

p110_09_1024x768
日常的に目に触れるフロントパネルには、外装部のみアルミニウム素材を採用。デザイン性にもこだわるAntecの心意気が見てとれる
p110_18_1024x768 シャーシへの固定は計5本のファスナーを使用。簡単に着脱ができる。なお背面から見て分かる通り、アルミニウムが貼り付けられたパネル本体はABS樹脂製だった

ロゴ部分が発光するイルミネーションギミック

フロントパネル唯一の装飾となる左上のAntecロゴには、イルミネーションギミックを備えた。フロントパネルを取り外した状態で、シャーシ側を観察してみると、乳白色のプラスチックカバーがある。その内部には、5050テープLEDを内蔵。電源を投入すると、シンプルなデザインのフロントパネルにAntecロゴが発光するという仕掛けだ。

p110_22_1024x768 p110_23_1024x768
ロゴ部には輝度の高いLED発光を和らげる、乳白色のプラスチックカバーを装備。ロゴ部分にテープLEDが使用されるケースは珍しい

ゲーミングPCケースを窺わせるフロントアクセスポート

フロントトップ部にレイアウトされたスイッチおよびアクセスポート類を見ていく。まずトピックとなるのは、右端に装備されたHDMIポートだ。これはVRゴーグルの接続用であり、静音を全面に出しつつ、ゲーミングPCケースである事を窺わせる。その右手にはUSB3.0ポートが2つ、さらにマイク、ヘッドホン端子が並ぶ。なお右端のボタンはPowerスイッチで、Resetスイッチの用意はない。

p110_15_1024x768
正方形のPowerスイッチ外周は半透明。Antecロゴ部に内蔵するホワイトLED発光を拝借する

着脱式カバーを備えたトップパネル

静音重視型PCケース「P110 Silent」のトップパネルは、通常密閉状態。構成パーツの動作音を筐体内部に閉じ込めようという考えだ。一方で、エアフローを懸念しての冷却ファン増設や、ラジエターの設置にも対応すべく、着脱式で二層構造の遮音パネルを装備。2枚に分割されたマグネット固定式トップカバーは、必要に応じて取り外しができるようになっている。

p110_10_1024x768
トップカバーは二層の遮音パネル構造。前後に分割しているため、冷却ファンを1基のみ搭載する場合は、片側をパネルで塞ぐといった使い方もできる
totop