エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.607

Coffee Lake世代の定番を狙う、ASRock「Z370 Taichi」

2017.10.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
“Coffee Lake”こと第8世代Coreプロセッサの国内発売がもう間もなく開始される。Intelのメインストリーム向けでは初の6コア/12スレッドCPUだけに、その注目度はこれまでになく高い。そしてこれに合わせるようメーカー各社からは、対応マザーボードが続々発表。今からどれを選ぼうか頭を悩ませている人も多いことだろう。そんな多彩な顔ぶれが並ぶIntel Z370マザーボードから、今回はASRock Incorporation(本社:台湾)「Z370 Taichi」をチョイス。主要機能はもれなく網羅、あらゆる用途に対応する”Coffee Lake”世代の万能マザーボード。その実力を徹底検証する。
03_Z370_Taichi_1024x768b
ASRock「Z370 Taichi」市場想定売価税抜32,800円前後(11月2日発売)
製品情報(ASRock Incorporation

Intel初の6コア/12スレッド対応メインストリーム向けCPU

AMD Ryzenシリーズ対抗となる“Coffee Lake”こと、デスクトップ版第8世代Coreプロセッサ。Intelでは、ハイエンドCPUとの差別化のため、メインストリーム向けモデルは永らく4コア/8スレッド構成にとどまっていた。しかしCoffee Lakeでは、遂に6コア/12スレッドに対応。さらにL3キャッシュ容量も最大8MBから12MBへ、メモリコントローラはデュアルチャネル対応のDDR4-2400からDDR4-2666へ強化され、マルチスレッド処理を中心に大きく性能を引き上げることに成功した。

8th_gen_1024x560b
計6個のCPUコアを内蔵するCoffee Lake。L3キャッシュやメモリコントローラも強化されている

また製造プロセスは、Kaby Lakeの第2世代14nmプロセス(14+nm)から、第3世代の14nmプロセス(14++nm)に変更。トランジスタの微細化や内部構造の最適化はさらに進んでいるようで、最上位モデルではCPUが2コア分増えているにも関わらず、TDPの違いは+4Wの95Wとごくわずか。メインストリームらしい扱いやすさはCoffee Lakeでも健在だ。

Z370_Taichi_06_1024x768
プラットフォームはLGA1151。ソケットの物理形状も変更はないが、Skylake/Kaby Lakeとの互換性はない

プラットフォームはこれまでと同じLGA1151で、ソケットの物理形状にも変更はなし。ただし、Intelによればピンの電気信号が異なるため互換性はなく、専用チップセットIntel Z370を搭載するマザーボードが別途必要になるとのこと。なおチップ自体の機能に変更は見られず、PCI-Express3.0は24レーンで、NVMe SSD RAIDやIntel Optane Memoryに対応。またSATA3.0(6Gbps)は6ポート、USB3.1 Gen.1は最大10ポートまで提供することができる。

8th_gen_1024x576e
Coffee Lake専用チップセットIntel Z370。オーバークロックやCPUのPCI-Expressレーン分割機能もこれまで通り

製品ラインナップは倍率変更に対応する「K」シリーズが「Core i7-8700K」「Core i5-8600K」「Core i3-8350K」、非対応の「non K」シリーズが「Core i7-8700」「Core i5-8400」「Core i3-8100」の計6モデル。すでにBTOなどでは「Core i7-8700K」搭載モデルの発売が開始されているが、CPUの単体発売は11月2日より順次スタートする。

Z370_taichi_001_spec_CPU_600x325
totop