エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.601

Ryzen Threadripperのための水冷ユニット、ENERMAX「LIQTECH TR4」実力検証

2017.09.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
コンシューマ向け最高クラスの性能を実現する一方で、消費電力も大幅に増加したRyzen Threadripper。そんなハイエンドCPUを冷却するために開発されたのが、今回の主役であるENERMAX(本社:台湾)「LIQTECH TR4」シリーズだ。独自カスタマイズにより、TDP500W以上の対応を謳うオールインワン型水冷ユニット。今回は、日本法人である株式会社クーラージャイアントと国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)協力のもと、360mmサイズラジエターモデル「LIQTECH TR4 360」を借り受け、実力を検証していく。
Liqtech_000_SCT_1024x768
ENERMAX「LIQTECH TR4 360」(型番:ELC-LTTR360-TBP) 
市場想定売価税抜17,480円(9月9日発売)
製品情報(ENERMAX/株式会社リンクスインターナショナル

受熱能力を高めたRyzen Threadripper専用水冷ユニット

圧倒的なマルチスレッド性能や64レーンにおよぶPCI-Express3.0のトレードオフとして、コンシューマ向けでは最高クラス、180Wもの電力を消費するRyzen Threadripper。そのためAMDでは冷却に水冷ユニットを推奨。リテールパッケージに、現行のオールインワン型水冷ユニット用ブラケットを同梱することで対応している。しかし既存モデルではRyzen Threadripperの巨大なヒートスプレッダ全面をカバーできる製品はほとんどなく、熱移動にどうしてもロスが発生してしまう。

Ryzen_Threadripper_02_1024x768 x399taichi_66_1024x768
CPUサイズが大型化されたRyzen Threadripper。既存のオールインワン型水冷ユニットでは、ヒートスプレッダ全面をカバーすることはできない

この問題を解消したのが今回の主役「LIQTECH TR4」シリーズだ。ウォーターブロックを再設計し、ヒートスプレッダ全面をカバーする大型の銅製受熱ベースを搭載。さらにクーラント液に熱を移動する冷却フィンに、特許技術「Shunt Channel Technology」(SCT)を採用することで、フィンの間に発生する境界層を解消。循環効率と熱伝導性能を最大限に高め、公称TDP500W以上という優れた冷却性能を発揮できるワケだ。

Liqtech_001_ihm_1024x768a
「LIQTECH TR4」シリーズでは、Ryzen Thradripperのヒートスプレッダ全面をカバーする大型の銅製受熱ベースを採用。受熱効率を高め、オーバークロックにも耐えられる冷却性能を実現した
Liqtech_002_SCT_1024x768a 銅製受熱ベース一体型の冷却フィンには、境界層を解消するため「SCT」を採用する

製品ラインナップは、今回チェックする360mmラジエターモデル「LIQTECH TR4 360」と、240mmラジエターモデル「LIQTECH TR4 240」の2モデル展開。ラジエターサイズ以外のスペックは共通で、冷却ファンは静圧性能を重視した口径120mmの「T.B.Pressureファン」が付属。チューブは劣化しにくい高品質な「ポリアミドチューブ」で、ポンプユニットには最大450L/hの高流量タイプを搭載する。

Liqtech_003_SCT_1024x768a
ENERMAX「LIQTECH TR4 240」(型番:ELC-LTTR240-TBP)
市場想定売価税込16,720円(2017年9月9日発売)
製品情報(株式会社クーラージャイアント/株式会社リンクスインターナショナル
lqtr4360_01_1024x768 lqtr4360_02_1024x768
グレーをベースにしたシックなデザインのパッケージ。360mmラジエターを採用するだけに、サイズは実測約465×235×165mmとかなり大柄
Liqtech_101_spec_600x500
totop