エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.591

これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説

2017.08.15 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Antec「P8」のドライブベイレイアウト

次にチェックしていくのは、PCケース選びにおける重要ポイントとなるストレージ収納力。たくさんのストレージが搭載できることはプラス要因だが、実際にはそれほどドライブベイを消費することなく、”空きベイ”状態というパターンが多いのではないか。「P8」では2.5インチシャドウベイを重視し、最大で6台が搭載可能。3.5インチに限っては最大2台分(2.5インチ共用)を装備し、一般的なユーザーを想定した”ほどよい設計”にまとめられている。ここからは計3箇所に点在する、ドライブベイレイアウトを個別に見ていこう。

p8_35_1024x768

2.5/3.5インチ共用トレイ式シャドウベイユニット

3.5インチHDDが搭載できる唯一のポイントは、フロントパネル裏手のボトム面。右サイドパネル側からのアクセスで、3.5インチHDD×2台分のシャドウベイユニットがある。ABS製のスライド着脱式専用トレイを備え、2.5インチSSDを搭載する事もできる。なおシャドウベイユニットはボトム面に4本のハンドスクリューで固定。前後スライドに対応し、マウントポジションの調整にも対応している。

p8_26b_1024x768
ABS樹脂製専用トレイを2段分装備する、2.5/3.5インチ共用シャドウベイユニット
p8_28_1024x768 p8_29_1024x768
ボトム面にはスリットを設け、ハンドスクリューで固定されたシャドウベイユニットの位置変更および、完全に取り外す事もできる

2.5インチ専用ドライブベイ その1

2.5インチ専用ドライブベイ”その1”は、ボトムカバーの天板にある。ちょうど電源ユニットの真上のポジションにはトレイが2つ並び、ここに2.5インチSSDが最大2台搭載できる。トレイはそれぞれ1本のハンドスクリューで固定。2.5インチSSDは底面のネジ穴を利用してマウントする。

p8_21_1024x768
ボトムカバー天板に用意された2台分の2.5インチ専用トレイ。コネクタはマザーボード側にマウントし、隣接するスルーホールを使えば電源ケーブルを逃がす事もできる

2.5インチ専用ドライブベイ その2

もうひとつの2.5インチ専用ドライブベイは、マザーボードトレイ背面のフロント寄り縦列。ここにも2.5インチSSD専用トレイ2つが、それぞれハンドスクリュー1本で固定。底面ネジ留めにより、2.5インチSSDが最大2台マウントできる。

p8_27_1024x768
マウントスペース真横にはスルーホールを用意。2.5インチSSDに接続するケーブルはここを行き来する事になる

外部固定式を採用した拡張スロット

拡張スロットはATXミドルタワーPCケースとしては標準的な全7段。拡張スロット金具にはスリットが設けられ、通気性確保の努力が見てとれる。グラフィックスカードに代表される拡張カードは、ブラケットを筐体外部でネジ留めする方式を採用。多くのPCケースでは内部固定だが、これを外出しにすることで、拡張カードの有効スペースが若干延長できる。なお拡張カードの有効スペースは最大390mmまで。この数値を問題にする人はまずいないだろう。

p8_20_1024x768
p8_32_1024x768 7段が積み重なる拡張スロット金具はインチネジで固定。なお縦列には側面からブラケットを支持するスライド式補強プレートを装備。上下のハンドスクリューで固定と解除ができる
totop