エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.591

これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説

2017.08.15 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Antec「P8」外観デザインチェック

「Performance One」シリーズの新作にして異彩を放つ「P8」。その概要を掴んだところで、実機による検証を開始しよう。「P9」同様、外装パッケージはいわゆる”茶箱”で、サイズは実測で幅約280mm、奥行き約520mm、高さ約550mm。緩衝材を含めた重量は公表値8.8kgとされる。ミドルタワーPCケースの標準的なサイズだけに、店頭購入による持ち帰りは可能なレベルと言えるだろう。

p8_03_1024x768

フロントパネルデザイン

「P8」のフロントパネルは、Antecらしいシンプルなデザイン。これまでの静音志向路線を引き継ぎ、一見密閉型にも思える。しかし実際には下部と左側面に段差を設け、真正面からは目立たないようスリットが装備されていた。完全フラットだった「P9」に比べ、デザイン面でも大きく異なる事が分かる。

p8_04_1024x768
ブラック1色のフロントパネル。右下には比較的大きなAntecのロゴが確認できる
p8_16_1024x768
角度を変えると、下部と左側面にスリットを確認。なおフロントパネル自体はABS樹脂製だが、フラットな部分は金属パネルで、背面からネジ固定されている
p8_08_1024x768
シャーシへの固定は、片側4本のファスナーを使用。底面を握って引き剥がすタイプで、裏面にはたくさんのケーブルが接続されていた

各種スイッチ類&フロントアクセスポート

Powerスイッチやアクセスポートは、フロントパネル左側縦列にレイアウトされている。上からマイク×1、ヘッドホン×1、USB3.0×2が続き、さらに正方形の(大)がPowerスイッチ、(小)がResetスイッチだ。必要最低限の装備といった印象だが、日常的に使用するにはそれほど不便を感じることはないだろう。

p8_15_1024x768
金属パネル面から一段下がった部分にレイアウトされた各種スイッチ類&アクセスポート。右側は通気孔になっている事がわかる
totop