エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.590

高品質と高性能の両立を実現。オーバークロック機能も充実したX299マザー、MSI「X299 GAMING PRO CARBON AC」

2017.08.10 更新

文:テクニカルライター・宮崎 真一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

CPUにより異なるレーン構成となるPCI-Express x16スロット

拡張スロットは、PCI-Express x16スロットが4本に、PCI-Express x1スロットが2本という構成。PCI-Express x16スロットも、メタル製ガードを装着した「Steel Armor」仕様だ。
 本製品では、3-wayまでのNVIDIA SLIとAMD CrossFireをサポートする。ちなみに、4本のPCI-Express x16スロットは、装着したCPUにより電気的なレーン数は変化する。たとえば、Core i9-7900シリーズのように、PCI-Expressを44レーンサポートしているCPUの場合、PCI-Express x16スロットの構成は、CPUソケットに近い側から順番にx16/x4/x16/x8となる。一方、Core i7-7800シリーズは28レーンしかPCI-Expressをサポートしていなため、各スロットはx16/x4/x8/x0もしくはx8/x4/x8/x8という接続になる。なお、Core i7-7740XやCore i5-7640Xはさらに減って16レーンしか対応していないので、x8/x0/x8/x0もしくはx8/x4/x4/x0という構成になり、PCI-Express x16動作できるスロットがない点は注意したい。

x299gpro_30_1024x768
Steel Armor仕様のPCI-Express x16スロット。スロットのそばにASM1480が並んでいる

高音質を実現するAudio Boost 4

オーディオ回路は、S/N比120dBのRealtek Semiconductor「ALC1220」を核とした「Audio Boost 4」を搭載。RGB LEDラインによる独立設計や、左右チャンネルのPCBレイヤーの分離。さらに回路設計にもこだわることで、ヘッドホン・スピーカーいずれの環境でもスタジオクラスの高音質サウンドを実現している。

x299gpro_33_1024x768
オーディオ周りの様子。MSIによると、左右のチャンネルでマザーボードの基板の層を分けることで優れた音質を実現しているという
x299gpro_34_1024x768
オーディオコーデックチップにはRealtek Semiconductorの「ALC1220」を搭載
x299gpro_31_1024x768 x299gpro_32_1024x768
オーディオ周りのアナログ回路は、LEDラインによりほかのデジタル回路と分断されている
x299gpro_36_1024x768
オーディオ周りの制御用チップとしてARMCortex-M0+コアの「LPC812」を搭載
x299gpro_nahimic_1000x650
Nahimic Sound Technology製「Nahimic 2+」が付属。バーチャルサラウンドなどをサポートしている
totop