エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.590

高品質と高性能の両立を実現。オーバークロック機能も充実したX299マザー、MSI「X299 GAMING PRO CARBON AC」

2017.08.10 更新

文:テクニカルライター・宮崎 真一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

メモリスロットは強度とノイズ低減を図るDDR4 Steel Armor仕様

メモリスロットはCPUソケットを挟むような形で4本ずつ、計8本実装されている。これらのスロットは、メタル製ガードを装着した「DDR4 Steel Armor」を採用しており、スロットの補強とノイズの低減が図られている。なお、メモリクロックはクアッドチャネルのときは4133MHz+、デュアルチャネルのときは4500MHz+と、デュアルチャネルのほうがより高いクロックまで対応する。

x299gpro_07_1024x768 x299gpro_08_1024x768
メモリスロットは、CPUソケットの上下に4本ずつ計8本用意。いずれも、メタル製ガードが施されている
x299gpro_46_1024x768 x299gpro_54_1024x768
メモリの電源部。MOSFETにはTexas Instruments製Nチャネル型の「CSD87350Q5D」を採用
x299gpro_47_1024x768 メモリの電源回路のデジタルPWMコントローラーチップであるPrimarion製「PV4210」
x299gpro_snapshot_1024x768
メモリクロックはUEFIからベースクロックに対する倍率という形で設定可能。標準状態のベースクロックが100MHzのときは、最大44倍、つまり4.4GHzまで変更することができる

Turbo M.2スロットにはサーマルスロットリングを防止するM.2 Shieldを装備

さて、ストレージインターフェイスは、SATA3.0(6Gbps)が8ポート装備されているほか、「Turbo M.2」を2つ、「Turbo U.2」を1つ搭載。この2基のTurbo M.2スロットには、発熱の大きいNVMe M.2 SSDに装着するヒートシンク「M.2 Shield」が用意されており、サーマルスロットリングによる性能低下を防止することが可能になっている。

x299gpro_10_1024x768 x299gpro_15_1024x768
Turbo M.2スロットはPCI-Express x16スロットの間に2基備わっている
x299gpro_16_1024x768 x299gpro_17_1024x768
Turbo M.2スロットの「M.2 Shield」は間にNVMe M.2 SSDを挟み込むような形で装着する
x299gpro_18_1024x768 x299gpro_19_1024x768
「M.2 Shield」のヒートシンク。サーマルスロットリングを防止する効果が期待できる 「M.2 Shield」を取り外したところ。M.2 Shieldを装着しないといった利用ももちろん可能だ
x299gpro_14_1024x768 x299gpro_43_1024x768
Turbo U.2コネクタにもメタル製ガード「U.2 Steel Armor」が装着されている SATA3.0(6Gbps)は、Turbo M.2およびTurbo U.2と帯域を共有するため、ポートのすぐそばにASMedia Technology製のPCI-Express 3.0対応のレーンスイッチチップ「ASM1480」が配置されている
totop