エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
今週末はSSD、DDR4メモリに注目の特価品いろいろ【パソコンショップアーク】
イベント連動のCPUクーラー特価は要チェック【ツクモパソコン本店】
人気SSD「MX300」シリーズを個数限定特価で販売【ツクモDOS/Vパソコン館】
GIGABYTE製GeForce GTX 1070が週末限定で安い【TSUKUMO eX.】
2.5インチからNVMeまで。SSDの特価品が多数登場【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
初回入荷分が完売した万能CPU殻割り機が再入荷【オリオスペック】
色々使えそうなiPad Air 2用フラップカバー【テクノハウス東映】
夏物セールアイテムをさらに値下げ【サンコーレアモノショップ秋葉原総本店】
未使用新品のLTE対応防水8インチタブレットが気になる【イオシス アキバ路地オモテ店】
新品未開封のお買い得ノートが週末限定で値下げ【PCNET秋葉原中央通り店】

HOTNEWS
● これで全てが分かる。Cooler Master「COSMOS II 25th Anniversary Edition」徹底解説
● これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説
● GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」
● 高品質と高性能の両立を実現。オーバークロック機能も充実したX299マザー、MSI「X299 GAMING PRO CARBON AC」
● マルチコアCPUの価格破壊。2万円台半ばで買える6コアモデル、AMD「Ryzen 5 1600」の実力を探る


1これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説
2これで全てが分かる。Cooler Master「COSMOS II 25th Anniversary Edition」徹底解説
3マルチコアCPUの価格破壊。2万円台半ばで買える6コアモデル、AMD「Ryzen 5 1600」の実力を探る
4GIGABYTE製マザーボードの統合ユーティリティ「APP Center」
5高品質と高性能の両立を実現。オーバークロック機能も充実したX299マザー、MSI「X299 GAMING PRO CARBON AC」

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.589

マルチコアCPUの価格破壊。2万円台半ばで買える6コアモデル、AMD「Ryzen 5 1600」の実力を探る


2017年8月7日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
RSS
AMD Ryzenシリーズの実力を探る徹底検証企画。6月にお届けした第1回では、8コア/16スレッドに対応するハイエンド向けRyzen 7シリーズの人気モデル「Ryzen 7 1700」をお届けした。2回目となる今回は、普及価格帯に投入されたミドルレンジRyzen 5シリーズから「Ryzen 5 1600」をチョイス。これまで常識を覆し、6コア/12スレッドというハイエンドクラスのマルチスレッド性能を普及価格帯に持ち込んだ意欲作。その実力を存分に堪能しよう。
Ryzen 5 1600 実勢価格税込25,000円前後(発売中)
製品情報(AMD

ハイエンド並のマルチスレッド性能をミドルクラスで実現した「Ryzen 5 1600」

今年3月にデビューしたRyzen 7シリーズから遅れること約1ヶ月。最も売れ筋となる普及価格帯に投入されたのが、RyzenのミドルレンジモデルRyzen 5シリーズだ。永らく4コア/4スレッド構成が定番だったこのクラス。しかし、Ryzen 5シリーズでは上位モデルでは6コア/12スレッド、下位モデルでも4コア/8スレッドに対応し、マルチスレッド性能が飛躍的に向上。従来のハイエンドモデルに匹敵するパフォーマンスを発揮できるという。

普及価格帯に投入されたミドルレンジモデルながら、最高6コア/12スレッドに対応。さらに最大19MB(L2+L3)の大容量キャッシュを搭載するのも特徴だ

そんなRyzen 5シリーズから、今回は6コア/12スレッドに対応する上位モデル「Ryzen 5 1600」を取り上げる。同シリーズ最上位のRyzen 5 1600Xとコア数やスレッド数は変わらないものの、動作クロックをベース3.20GHz、ブースト3.60GHzへと0.4GHzずつ引き下げることで差別化が図られている。

6コア/12スレッドに対応するRyzen 5 1600。Ryzen 5 1600Xより動作クロックが控えめな分、TDPも65Wに抑えられている

一方で、TDPは65Wへと30Wも低減。さらに静音性・冷却性能に定評のあるリファレンスクーラー「Wraith Spire(LEDなし)」が付属し、別途クーラーを購入する必要がないのも、普及価格帯モデルでは嬉しいところ。もちろん手動オーバークロックは可能なため、あくまでも自己責任ながら、AMD X370/B350チップセットのマザーボードを組み合わせれば、さらにパフォーマンスを引き上げることもできる。

Ryzenシリーズはすべて倍率ロックフリーのため、AMD X370/B350チップセット(SFF向けのX300も)のマザーボードを組み合わせれば、手動オーバークロックが可能だ

その他のスペックは共通で、キャッシュはL2キャッシュが3MB、L3キャッシュが16MB。PCI-Express3.0レーンは24レーンを内蔵し、メモリコントローラはデュアルチャネル対応のDDR4-2666MHzを実装する。

「RYZEN」ロゴが大きくデザインされたヒートスプレッダを搭載するRyzen 5 1600。ヒートスプレッダ上部には製品名が、下部にはOPNや設計・製造国が刻印されている
ピン数は1,331pinのSocket AM4プラットフォームに対応。従来よりピンが増えているため、ソケット装着時にピンを折らないよう作業は慎重に進めよう
CPUクーラーはスプリングネジで4点を固定する「Wraith Spire」クーラーが付属する
Ryzen 7 1700に付属する「Wraith Spire」クーラーと違い、LEDライティング機能は非搭載
ヒートシンクは放熱性に優れるアルミニウム製で、CPU接触部には熱伝導率の高い銅製ベースを備える
次は...  AMD Ryzen 5 1600の実力を各種ベンチマークでチェック

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us