エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.589

マルチコアCPUの価格破壊。2万円台半ばで買える6コアモデル、AMD「Ryzen 5 1600」の実力を探る

2017.08.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD Ryzenシリーズの実力を探る徹底検証企画。6月にお届けした第1回では、8コア/16スレッドに対応するハイエンド向けRyzen 7シリーズの人気モデル「Ryzen 7 1700」をお届けした。2回目となる今回は、普及価格帯に投入されたミドルレンジRyzen 5シリーズから「Ryzen 5 1600」をチョイス。これまで常識を覆し、6コア/12スレッドというハイエンドクラスのマルチスレッド性能を普及価格帯に持ち込んだ意欲作。その実力を存分に堪能しよう。
ryzen5_01_1024x768
Ryzen 5 1600 実勢価格税込25,000円前後(発売中)
製品情報(AMD

ハイエンド並のマルチスレッド性能をミドルクラスで実現した「Ryzen 5 1600」

1600_001_1024x768

今年3月にデビューしたRyzen 7シリーズから遅れること約1ヶ月。最も売れ筋となる普及価格帯に投入されたのが、RyzenのミドルレンジモデルRyzen 5シリーズだ。永らく4コア/4スレッド構成が定番だったこのクラス。しかし、Ryzen 5シリーズでは上位モデルでは6コア/12スレッド、下位モデルでも4コア/8スレッドに対応し、マルチスレッド性能が飛躍的に向上。従来のハイエンドモデルに匹敵するパフォーマンスを発揮できるという。

1600_002_1024x576
普及価格帯に投入されたミドルレンジモデルながら、最高6コア/12スレッドに対応。さらに最大19MB(L2+L3)の大容量キャッシュを搭載するのも特徴だ

そんなRyzen 5シリーズから、今回は6コア/12スレッドに対応する上位モデル「Ryzen 5 1600」を取り上げる。同シリーズ最上位のRyzen 5 1600Xとコア数やスレッド数は変わらないものの、動作クロックをベース3.20GHz、ブースト3.60GHzへと0.4GHzずつ引き下げることで差別化が図られている。

ryzen5_03_1024x768
6コア/12スレッドに対応するRyzen 5 1600。Ryzen 5 1600Xより動作クロックが控えめな分、TDPも65Wに抑えられている

一方で、TDPは65Wへと30Wも低減。さらに静音性・冷却性能に定評のあるリファレンスクーラー「Wraith Spire(LEDなし)」が付属し、別途クーラーを購入する必要がないのも、普及価格帯モデルでは嬉しいところ。もちろん手動オーバークロックは可能なため、あくまでも自己責任ながら、AMD X370/B350チップセットのマザーボードを組み合わせれば、さらにパフォーマンスを引き上げることもできる。

1600_003_1024x576
Ryzenシリーズはすべて倍率ロックフリーのため、AMD X370/B350チップセット(SFF向けのX300も)のマザーボードを組み合わせれば、手動オーバークロックが可能だ

その他のスペックは共通で、キャッシュはL2キャッシュが3MB、L3キャッシュが16MB。PCI-Express3.0レーンは24レーンを内蔵し、メモリコントローラはデュアルチャネル対応のDDR4-2666MHzを実装する。

1600_001_spec_450x363a
ryzen5_02_1024x768
「RYZEN」ロゴが大きくデザインされたヒートスプレッダを搭載するRyzen 5 1600。ヒートスプレッダ上部には製品名が、下部にはOPNや設計・製造国が刻印されている
ryzen5_04_1024x768
ピン数は1,331pinのSocket AM4プラットフォームに対応。従来よりピンが増えているため、ソケット装着時にピンを折らないよう作業は慎重に進めよう
ryzen5_06_1024x768
CPUクーラーはスプリングネジで4点を固定する「Wraith Spire」クーラーが付属する
ryzen5_07_1024x768
Ryzen 7 1700に付属する「Wraith Spire」クーラーと違い、LEDライティング機能は非搭載
ryzen5_08_1024x768 ryzen5_09_1024x768
ヒートシンクは放熱性に優れるアルミニウム製で、CPU接触部には熱伝導率の高い銅製ベースを備える
totop