エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.582

ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」

2017.07.14 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 2014年8月に登場したLGA2011v3以来、約2年半ぶりに更新されたIntelのハイエンドプラットフォームLGA2066。コンシューマ向けでは最高となる最大18コア/36スレッドのCPUや、44レーンのPCI-Express3.0、クアッドチャネル対応のDDR4メモリなど、メインストリーム向けにはない魅力的な装備が満載。この機会にウルトラハイエンドの世界に挑戦してみようという人もいることだろう。
 そこで今回はASRock Incorporation(本社:台湾)から発売された「X299 Taichi」をチョイス。上位モデルに匹敵する機能を手頃な価格で実現したコストパフォーマンスモデル。ハイエンドの世界を余すところなく体験できる、ちょうどいい一枚を早速チェックしていこう。
ASRock「X299 Taichi」市場想定売価税抜41,200円前後(6月28日発売)
製品情報(ASRock Incorporation

コンシューマ向け最高峰、18コア/36スレッド対応の「Core X」シリーズ

「COMPUTEX TAIPEI 2017」に合わせて発表された、Intelの新ハイエンドCPU「Core X」シリーズ。コンシューマ向けでは最高峰となる18コア/36スレッドに対応する上位モデル「Skylake-X」と、4コア/8スレッドまでの対応となる下位モデル「Kaby Lake-X」の2種がラインナップ。セグメントは新たに新設された「Core i9」を筆頭に、「Core i7」「Core i5」の3種で、ソケットはこれまでのLGA2011-v3からLGA2066へと刷新されている。

CPUソケットは新設計のLGA2066を採用。2つのレバーを使う固定方法やクーラー固定ネジの位置に変更はなく、LGA2011/LGA2011v3のCPUクーラーがそのまま利用できる

Kaby Lake-Xについては、メインストリーム向けのKaby Lakeをベースに内蔵GPUを省略したマイナーチェンジモデルという位置づけで、ベースクロックが引き上げられている他に大きな違いはない。一方Skylake-Xは、SkylakeからL2キャッシュが4倍に拡大されマルチスレッド処理時のパフォーマンスが向上。さらに最大44レーンのPCI-Express3.0や、クアッドチャネル対応のDDR4メモリなど、ハイエンドらしい構成に仕上げられている。なおCore i9シリーズで、詳細および発売日が確定しているのは10コア/20スレッドに対応する最下位モデルCore i9-7900Xのみ。それ以外の製品については、発売時期や詳細スペックはまだ明らかにされていない。

Core Xシリーズに合わせて発表されたチップセットが、LGA2066に対応する「Intel X299」。CPUとの接続はPCI-Express3.0ベースの「DMI 3.0」で、8GT/sの広帯域を実現。さらに最大24レーンのPCI-Express3.0や、最大8ポートのSATA3.0(6Gbps)、最大10ポートのUSB 3.0をサポートする。

Intel X299チップのブロックダイアグラム図。24レーンのPCI-Express3.0を備え、かなり余裕のある構成だ
totop