エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
レビュー掲載のCORSAIRの静音PCケース「Carbide Series Quiet 400Q」が気になる【TSUKUMO eX.】
センチュリー「裸族」シリーズのアウトレット特価に注目【ツクモパソコン本店】
MSIのGeForce GTX 1070搭載カードが久々の再入荷【ツクモDOS/Vパソコン館】
SSDや電源、ケースなどまとめて週末特価【ドスパラ パーツ館】
人気のLAN爪折れ修復パーツが再入荷【東映ランド】
店内売りつくし閉店セールがスタート【Jan-gle秋葉原本店】
【コレオシ Vol.1502】値下がりしてグッと売れるようになった、3,000円台からの「充電ステーション」
7月20日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Apple Japan、BalmainとコラボしたBeats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンなど
メモリ・拡張スロットやSATAコネクタに装着。9月登場予定のElfidelity製ノイズフィルターをチラ見せ

HOTNEWS
● 最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
● ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
● Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
● 別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「現在使用中の液晶ディスプレイを教えてください」


1「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談
2ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
3別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
4Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
5最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.581

Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証


2017年7月11日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
RSS
 今回の撮って出しレビューで取り上げるのは、Ryzenの解禁に合わせて今年3月にデビューしたMSI(本社:台湾)のAMD B350チップ搭載ゲーミングマザーボード「B350 TOMAHAWK」。予想を上回るRyzenの売れ行きで、多くのマザーボードが店頭から姿を消す中、豊富な在庫と手頃な価格、さらに安定性の高さから話題を呼んだミドルレンジ。供給が安定し、多くの製品が並ぶようになった今でもコンスタントに売れているという人気モデルの実力を検証していこう。
MSI「B350 TOMAHAWK」
市場想定売価税抜14,380円前後(3月3日発売)
製品情報(MSI

最新機能で武装したカジュアルゲーマー向けマザーボード「B350 TOMAHAWK」

カジュアルゲーマーをターゲットにしたMSI「Arsenal GAMING」シリーズに属する「B350 TOMAHAWK」。1万円台半ばというコストパフォーマンス帯に投入されたミドルレンジモデルながら、スムーズなファン制御ができるヒステリシス対応のDC/PWMファンコントローラや、市販のRGB LEDストリップを制御できる「Mystic Light」、他ブランドの周辺機器とLEDライティングをシンクロできる「Mystic Light Sync」など、MSIの最新機能を搭載する。

1万円台半ばのミドルレンジ帯に投入された「B350 TOMAHAWK」。ライバルが増えた現在でもその人気は高く、コンスタントに売れている

またゲーマー向け音響技術「Nahimic 2」に対応する高音質オーディオ回路「Audio Boost」をはじめ、ゲームやアプリケーションごとにネットワーク帯域幅の優先度を設定できる「GAMING LAN MANGER」、1クリックでVRシステムへの最適化ができる「One click VR」、マウスやキーボードの応答性を高めた「Gaming Device Port」、マクロキーやプロファイル設定ができる「Gaming Hotkey」など、ハイエンドモデルと遜色ない充実したゲーミング機能を備える。

チップセットはRyzen向けミドルレンジのAMD B350。CPUのレーン分割機能が省略されている他、SATA3.0(6Gbps)も6ポートから4ポートに削減されている

搭載するチップセットはSLI非対応のAMD B350で、SATA3.0(6Gbps)も4ポートへと削減されている。一方M.2スロットは帯域幅32Gbps(Ryzen搭載時)の「Turbo M.2」を標準装備。さらにCPUのオーバークロックや、メモリの対応状況は変わらず、一般的な運用で上位チップAMD X370との違いを感じることはほとんどないはずだ。

電源回路には冷却性能を重視したメタル製ヒートシンク「Heavy plated gaming heatsink」を搭載
グラフィックカード用のPCI-Express3.0(x16)スロットは、メタル補強を施した「Steel Armor」仕様

もちろん品質規格はMSIおなじみの「ミリタリークラス4」に準拠し、軍用グレードの高品質なコンポーネントを採用。さらに重量級グラフィックスカードを安全に支えるメタルスロット「Steel Armor」や、安定した信号伝達ができる独立メモリ回路「DDR4 Boost」、電源回路の冷却性能を高める「Heavy plated gaming heatsink」など、ミドルレンジながら安定性・信頼性を重視した設計は、いかにもMSIらしい配慮と言えるだろう。

中央にミサイルがデザインされたパッケージ。実測W345×D270×H65mmで、マザーボードとしては標準的なサイズ

次は...  「ミリタリークラス4」コンポーネントによる6フェーズ電源回路

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us