エルミタ的一点突破 Vol.46

別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証

2017.07.08 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

サイズ「虎徹 MarkⅡ」の組み込み手順

付属品の点検を終えたところで、組み込み手順を見ていこう。今回はRyzen人気からAMD Socket AM4、さらに根強い人気のIntel LGA1151の計2枚を用意。それぞれの搭載方法と、メモリスロットクリアランスをチェックしてみたい。

AMD Socket AM4の場合

まずはAMD Socket AM4対応マザーボード、ASRock「X370 Taichi」を用意。4月に検証を行った、「Taichi」シリーズのRyzen対応モデルだ。

まず下ごしらえに、ソケットの上下に1つずつ装着されている台座を取り外す。いずれも2本のネジで固定されている
次にプラスチック製「スペーサー」を四隅の穴に合わせて仮置きする。なお「スペーサー」には向きがあり、ラバーが装着されている面をマザーボードに密着させる必要がある
「AMD用マウンティングプレート」を「AMD用ネジ」で固定。ネジは「スペーサー」を貫通し、マザーボード標準のバックプレートにネジ留めする事になる
最後に受熱ベースプレート上にクロスする、「ブリッジ式リテンション」のスプリングスクリューを「AMD用マウンティングプレート」にネジ留め
最後に「ファンクリップ」で120mm口径ファン「KAZE FLEX」をヒートシンクに固定。4pinコネクタの接続をすれば、搭載は完了する

ASRock「X370 Taichi」にみるメモリスロットクリアランス

搭載が終わったところで、メモリスロットクリアランスをチェックしてみよう。ヒートパイプの曲げによる「オフセット設計」が本領を発揮。120mm口径ファン「KAZE FLEX」とメモリスロット間は距離が保たれ、大型ヒートスプレッダ付きメモリでも、問題無く搭載できるだろう。

ASRock「X370 Taichi」のメモリスロットと120mm口径ファン「KAZE FLEX」までの距離は十分に保たれている事がわかる
totop