エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
レビュー掲載のCORSAIRの静音PCケース「Carbide Series Quiet 400Q」が気になる【TSUKUMO eX.】
センチュリー「裸族」シリーズのアウトレット特価に注目【ツクモパソコン本店】
MSIのGeForce GTX 1070搭載カードが久々の再入荷【ツクモDOS/Vパソコン館】
SSDや電源、ケースなどまとめて週末特価【ドスパラ パーツ館】
人気のLAN爪折れ修復パーツが再入荷【東映ランド】
店内売りつくし閉店セールがスタート【Jan-gle秋葉原本店】
【コレオシ Vol.1502】値下がりしてグッと売れるようになった、3,000円台からの「充電ステーション」
7月20日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Apple Japan、BalmainとコラボしたBeats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンなど
メモリ・拡張スロットやSATAコネクタに装着。9月登場予定のElfidelity製ノイズフィルターをチラ見せ

HOTNEWS
● 最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
● ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
● Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
● 別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「現在使用中の液晶ディスプレイを教えてください」


1「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談
2ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
3別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
4Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
5最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.580

これで全てが分かる。Fractal Design「Focus G」徹底解説


2017年7月4日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
RSS
 エルミタ的速攻撮って出しレビューの常連、Fractal Design(本社:スウェーデン)が放った新型PCケース「Focus」シリーズ。これまで一貫した静音路線から一変。フロントメッシュパネルを装着した、エアフロー重視モデルが誕生した。今回はミドルタワー「Focus G Black Window」(型番:FD-CA-FOCUS-BK-W)を借り受け、Fractal Designの新たな試みに触れてみたい。

「密閉型」から「開放型」に姿を変えたFractal Designの戦略的普及価格帯PCケース

Fractal Designと言えば、日本国内でも人気の高いブランドのひとつ。特に洗練されたデザインのPCケースは多数のラインナップを揃え、看板モデル「Define」シリーズは、ミドルタワーPCケースの”定番中の定番”。誰もが直ぐに思い浮かべる事ができる、フラットデザインのフロントフェイスは、Fractal Designを代表する「顔」だ。一方で、”見分けが付きにくい”という意見も聞こえるが、一貫したコンセプトは明確。静音を重視するがためのスタイルこそ、Fractal Designの強いメッセージであったはずだ。

しかしこれを覆したのが先にリリースされた「Focus」シリーズだ。

Fractal Design「Focus G」(型番:FD-CA-FOCUS-BK-W)
市場想定売価税抜8,800円(2017年6月9日発売)
製品情報(Fractal Design)(株式会社アスク

明確で一貫したコンセプトをガラリと変更。フロントパネルは全面にわたり、通気性を高めたメッシュ仕様。リアはもとより、トップとボトムに冷却ファン搭載スペースを設け、”ハイエアフローPCケース”を完成させた。ラインナップはATXミドルタワー「Focus G」と、MicroATXミニタワー「Focus G Mini」の2タイプを用意。いずれも市場想定売価は税抜8,000円台に設定し、Fractal Designとしては異例の戦略的普及価格帯PCケースという位置付けだ。

Fractal Design「Focus G Mini」(型番:FD-CA-FOCUS-MINI-BK-W)
市場想定売価税抜8,580円(2017年6月9日発売)
製品情報(Fractal Design)(株式会社アスク

とは言え、余分な装飾を排除したデザインコンセプトは従来モデルを継承。「密閉型」から「開放型」に姿を変えつつもFractal Designらしいスマートな外観は健在だ。

スペック表に見るATXミドルタワー「Focus G」

これまでの路線とは異なる「Focus」シリーズから、今回はミドルタワーPCケース「Focus G」を取り上げる。
 5月24日に情報が解禁された「Focus G」は、6月2日に国内発売がアナウンス。グローバルリリースでは複数のカラーバリエーションが紹介されているが、国内市場ではまずブラックのみの展開。「COMPUTEX TAIPEI 2017」の会期中に行われた、プライベート展示会の場で、ホワイトモデルのラインナップ追加も予告されている。

国内市場でも近く販売が開始される「Focus G White, window」(型番:FD-CA-FOCUS-WT-W)。当面はブラックと共に2色展開になる予定

外形寸法は幅205mm、奥行き464mm、高さは444mm。定番モデル「Define R5」は幅232mm(+27mm)、奥行き521mm(+57mm)、高さ451mm(+7mm)だけに、やや小振りである事が分かる。また主素材はスチールで、副素材にプラスチックを採用。ちなみに重量は「Define R5」の10.7kgに対し、「Focus G」は4.5kgしかない。

次は...  Fractal Design「Focus G」外観デザインチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us