エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
レビュー掲載のCORSAIRの静音PCケース「Carbide Series Quiet 400Q」が気になる【TSUKUMO eX.】
センチュリー「裸族」シリーズのアウトレット特価に注目【ツクモパソコン本店】
MSIのGeForce GTX 1070搭載カードが久々の再入荷【ツクモDOS/Vパソコン館】
SSDや電源、ケースなどまとめて週末特価【ドスパラ パーツ館】
人気のLAN爪折れ修復パーツが再入荷【東映ランド】
店内売りつくし閉店セールがスタート【Jan-gle秋葉原本店】
【コレオシ Vol.1502】値下がりしてグッと売れるようになった、3,000円台からの「充電ステーション」
7月20日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Apple Japan、BalmainとコラボしたBeats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンなど
メモリ・拡張スロットやSATAコネクタに装着。9月登場予定のElfidelity製ノイズフィルターをチラ見せ

HOTNEWS
● 最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
● ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
● Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
● 別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「現在使用中の液晶ディスプレイを教えてください」


1「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談
2ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
3別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
4Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
5最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.578

日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す


2017年6月28日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
RSS
 日本市場では後発の立ち位置ながら、いまROCCAT STUDIOS(本社:ドイツ)のゲーミングマウスがアツい。ヨーロッパ好みの大柄なモデルも多かった中で、同社製品では異例の小型・軽量モデルだった「Kone Pure」シリーズが国内ユーザーの大きな支持を受け、大ヒットになった。
 このほど、その最新モデルである「Kone Pure Owl-Eye」(型番:ROC-11-725-AS)が発売。名作のデザインを継承しつつ、新型センサーとさらなる軽量化で磨きをかけた期待作だ。果たしてその出来栄えは、既存の愛好家たちを満足させられるのだろうか?

ROCCATが語る日本市場。攻略の切り札は大ヒットシリーズの最新作

「COMPUTEX TAIPEI 2017」では、今年もGRAND HYATT TAIPEIの一室でプライベート展示を行っていたROCCAT。ブランドや製品に関するアレコレを、台湾出張班が関係者に直撃してきたぞ

すでにコアゲーマーの間では知られた存在のROCCAT STUDIOSだが、いまだ一般向けに浸透し切っているとは言いがたい。そこで今回レビュー依頼が舞い込んだのをいい機会に、ROCCAT本社の要人にインタビューを敢行。「COMPUTEX TAIPEI 2017」期間中のプライベートルームにて、Junior Product ManagerのPiotr Gburzynski氏、そしてMarketing Manager,APACを務めるMike Lu氏に話を聞くことができた。

APACのマーケティングを担当している、Marketing Manager,APACのMike Lu氏。ROCCATブランドのよもやまと、日本市場での取り組みを話してくれた
  • 編集部
    以前話題になったことがありましたが、ブランド名は“ロキャット”と発音するんですよね。まずその由来から聞かせてください。
  • Mike氏
    実は名前にそれほど大きな意味はないんですが(笑)、ロゴマークは想像上の動物である「氷の豹」がモチーフになっています。本社はドイツ北西部に位置する港町ハンブルクにありまして、もちろん開発拠点もドイツ国内に構えています。
  • 編集部
    ブランド名の件は分かりました(笑)。しかしROCCAT製品には、「Kone」や「Tyon」、「Kova」など、日本人には読みづらい名前が多い気がしています。それもドイツメーカーたる所以でしょうか。
ドイツに開発・設計拠点を構えるROCCAT。珍しい発音のブランド名に始まって、「Tyon」「Kova」のように、製品名もユニークなものばかり
  • Mike氏
    そうかもしれません。よく英語圏でも読みづらいと言われます(笑)。地図を見てもらうと分かるのですが、ROCCATの本社があるハンブルクは、ドイツでもかなり北の方にあるんです。歴史的にも文化的にも北欧との交流が盛んな地域でして、製品名はそのあたりの言葉をヒントにしています。
  • 編集部
    人気の地域や国はどこでしょう。やはり欧州でしょうか。
  • Mike氏
    膝下ということもありまして、やはりEU圏では長い間大きなシェアを維持しています。その次が北米、そしてアジアと続きますね。
  • 編集部
    日本に本格進出してから、そろそろ数年が経ちます。日本市場にはどのような印象をもっていますか。
  • Mike氏
    ゲーミング市場という意味では、他にはない特殊性を感じています。非常に高度なゲーム文化を持っているのは当然ですが、PCゲーム市場に限れば、まだ発展の余地は大いにあるでしょう。日本独自のブランドも展開しており、なかなか攻略が難しい市場という印象ですね。
次は...  Junior Product Managerに人気製品の傾向を聞く

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us