エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.573

“魅せる”オールインワン型水冷ユニット、Antec「Mercury 240」検証

2017.06.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

AMD Socket AM4の場合

次にRyzen人気から、AMD Socket AM4の搭載手順も解説しておこう。基本的な作業手順は、Intel LGA1151と大きく違わない。ただしAMD用に2つの異なるパーツを使用することになる。

AMD用「Am4 Backplane」の末端に、パイプ状のピンをスライドファスナーで固定する
パイプ状のピンが固定された「Am4 Backplane」を、マザーボード背面からCPUソケット周辺の穴に装着
ポンプ一体型ウォーターブロックの円の切り欠き部分に「AMD用リテンション」をネジ留め。Intel LGA1151に比べ、上下方向のネジピッチは狭い事がわかる
最後にバネネジ「Button Screws」でポンプ一体型ウォーターブロックを固定。ぐらつきが等がないかしっかりと確認しておこう

240mmサイズラジエターを固定する

続いてAntec「P100」のトップパネル部分に、240mmサイズラジエターを装着してみよう。この作業は言うまでも無く、全ソケット共通。ちなみにマニュアルでは、ポンプ一体型ウォーターブロックを固定した後に、ラジエターを搭載する。この手順は、オールインワン型水冷ユニットではほぼ共通。重量のあるウォーターブロックがフリーな状態にある事で、マザーボード上に落下させる等のトラブルを未然に回避しようという考えもあるだろう。

おのおのビニール袋に収められた冷却ファンを、ラジエターに固定。今回は最もオーソドックスな、PCケース内部から外部に排気させるエアフローレイアウトとした
Antec「P100」のトップパネル部に、冷却ファンを搭載した240mmサイズラジエターを固定
240mmサイズラジエターの固定が完了。ポンプ一体型ウォーターブロックのAntecロゴ位置から、ウォーターチューブは必然的に”右方向設置”となる
totop