エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.573

“魅せる”オールインワン型水冷ユニット、Antec「Mercury 240」検証

2017.06.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Antec「Mercury 240」の搭載手順を見る

付属品のチェックを終えたところで、マザーボードへの搭載手順を解説しよう。搭載テストに用意したのは、Intel LGA1151(Intel Z270 Express)、LGA2011(Intel X99 Express)、そしてAMD Socket AM4の3種類。ラジエターの固定には、Antecのロングセラー「P100」を用意した。

Intel LGA1151の場合

まずはIntel LGA1151にポンプ一体型ウォーターブロックを搭載しよう。ユニバーサル対応の「Backplane」は、複数の穴が設けられている。まずはこれをLGA1151用として準備するところから作業は始まる。

メタル製「Backplane」の末端に台座となるパイプ状のピンを、スライドファスナーで固定
設けられた穴は外側から順に2011/1366、115x、775用 搭載するソケットに合わせ、ピンを4箇所固定
四隅にピンを固定した「Backplane」をマザーボード背面から装着する
マザーボード表面のCPUソケット周辺には台座となるピン4本が露出。だいぶそれらしくなってきた
ポンプ一体型ウォーターブロックの円がカットされた部分に「Intel用リテンション」をネジ留めする バネネジ「Button Screws」でポンプ一体型ウォーターブロックを固定。セオリー通り対角のポジションにあるネジに均一にテンションを掛けていく
これで搭載は完了。基本的にAntecロゴの向きからウォーターチューブは右側レイアウトになる

Intel LGA2011の場合

Intel X99 Expressが採用するLGA2011は、CPUソケット周辺にメタル製プレートが予め装着されており、その四隅にはネジ穴がある。これを利用する事で、マザーボード背面からの作業は必要とせず、作業工程が最も短縮できる。

CPUソケット周辺のメタル製プレートには、インチネジ径の穴が4箇所装備。これを使ってポンプ一体型ウォーターブロックを固定する
「2011 Screws」を四隅に固定。ポンプ一体型ウォーターブロックには「Intel用リテンション」を固定しておく あとはスペーサーを介したバネネジ「Button Screws」で固定するだけ
CPUソケット外周の4箇所でしっかりとネジ留めされた、ポンプ一体型ウォーターブロック。LGA2011は最も作業時間が掛からない
totop